2017年04月17日

秩父吟行句会に

4月10日、11日
俳句「藍生」の句会,創刊27周年記念企画で
秩父吟行句会に出席しました。
久し振りの参加でした。
出席は54名でした。

光西寺、菊水寺には、
主宰の黒田杏子先生の句、昨年4月に石碑が建立されました。
自然の美しさの石でした。

     花満ちてくる鈴の音の湧くように
     禱る禱る歩く歩く花の國      
                     杏子

1日目は、あたたかいいいお天気でお寺を回りました。
町の、どこにも桜があり、日本の美しさをしみじみ思いました。
2日目は、雨になりましたが、句会がありました。   

先生から特選に選んでいただいたり、句会で点数をいただき、
久し振りの句会でうれしく、感謝の気持ちでした。

先日、「藍生」4月号で、巻頭2句目に選んでいただき、
最初の句に先生の寸評をいただき、感動しました。
 冬霧を貨物列車が運びゆく
 風を指に巻きつけてみる大枯野
 なにもなきところまできて春の雲 
 園児ゆく春一番に巻かれつつ
                    よしこ


今までもそうでしたが、
俳句、詩には、共通のおもしろさ、
不思議な魅力があるのを感じます。





    
posted by YH at 09:48| Comment(4) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月04日

「小さな詩集」16

「小さな詩集」16を発行いたしました。
表紙絵は、エッチングの木村 茂氏、
裏表紙は、神田亮氏です。
どちらも美しい絵で、詩誌を助けてくれています。
また、今号から4人ずつエッセイを入れております。


20170331_082928.jpg

ベランダに カサブランカを2本。
白百合のつもりで買ってしまいました。
どんな大きな花が咲くのか、少し心配!
昔、山に登っていた頃、山百合の花を見ました。
ほんとに、美しいですね。
山の空気や、心まで、澄んでくるようでした。

最近は、電車に乗る時は、本を読んでいます。
家にいるときは、他のことをするので、
読まない様にがまんします。
最近はずっと、池波正太郎です。今は『闇の狩人』です。
引かれて読んでいくのですね。

最近、大切な時間を過ごしていかなければと
改めて、思います。



posted by YH at 20:10| Comment(2) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月08日

春の空を

3月になりました。
どんどん、日が過ぎていきますね。
時々、なにか大切なことを見失っているのではと、
思うことがあります。

外に出ると、春まだ浅い道、茎を低く咲く母子草、オオイヌノフグリ、
そして、桃の花が、固い蕾から、少しづつ満開に。
落ち椿を拾ったり、ゆっくり歩きながら、
心を空っぽにして、青い空を入れています。

今年、1月からいただいた単行本です。
どなたの本も、視点の新鮮さに心動かされました。
お返事しながら、人はこうして心を積み重ねていくのだと感じました。

高浦銘子  句集『百の蝶』(ふらんす堂)
池尾邦子  詩集『風の音』(ノア出版)
久保恵子  詩集『わたしの心は風に舞う』(銀の鈴社)
鈴木小すみれ 詩集『恋はクスリ』(ボーダ―インク)
きど のりこ 評論『ともに明日を見る窓』(本の泉社)
中川なをみ 童話『晴れ着のゆくへ』(文化出版局)
大瀧 満  詩集『裸木のように』(竹林館)
尾崎美紀  絵本『なのはなごう しゅぱつしんこう』(ひさかたチャイルド)


機会がありましたら、ぜひ お手に取ってください。

それから、眞鍋芳生さんの展覧会(手作りの物)が、
日本橋三越で、3月8日〜14日まであります。
眞鍋さんは岡山の児童文学「とっくんこ」の同人です。


H28.yoshiko 007.jpg
posted by YH at 11:41| Comment(4) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする