2017年05月22日

日本児童文学者協会の総会

ベランダの百合の花が蕾を持っています。
カサブランカです。
今は、1メートル伸びて、ついに蕾をです。
昔、山に登っていた頃、大きな山百合を見ました。
山百合は、大きいけれど、清楚な花ですね。
今週は、日本児童文学者協会の贈呈式、総会などがあります。

日本児童文学者協会の賞
第57回日本児童文学者協会賞   ひこ・田中『なりたて中学生 初級編・中級編・上級編』(講談社)
第50回日本児童文学者協会新人賞 藤重 ヒカル『日小見不思議草紙』(偕成社)
第21回三越左千夫少年詩賞    佐野のり子『ミミズのバイオリン』(花梨社)
                 柿本香苗『ペンを持つと ボクね』(竹林館)

5月26日、学習交流会(どなたでも参加)
      文学賞贈呈式、パーティー。
  27日 定時総会。

三越左千夫賞の選考委員をしていましたが、
それぞれ、いい詩集があり、うれしく思いました。


posted by YH at 19:35| Comment(4) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月10日

五月の少年詩・童謡・詩論研究会

日本児童文学者協会で
2ヵ月に一度、新しい詩集を読み、詩の合評会をやっております。
5月は、中上哲夫氏のお話です。

<202回 少年詩・童謡・詩論研究会>

・5月21日(日)午後1時半より、
*協会事務局にて
<詩集を読む>
「西脇順三郎について」
レポーター 中上哲夫
後半は詩の合評会。自由に詩を。
*主催は、協会研究部。問い合わせは
協会事務局(рO3・3268・0691) 

  
以下は、Wikipediaからです。
中上 哲夫(なかがみ てつお、1939年3月6日 - )は、日本の詩人、翻訳家。本名、佐野哲夫[1]。
大阪府大阪市出身[1]。東京経済大学商学部卒業。アレン・ギンズバーグをはじめビート・ジェネレーションの詩人たちの影響を受ける。同人誌「ぶるう」「ぎゃあ」「木偶」を経て、個人誌「黄金の機関車」を発行。2004年、詩集『エルヴィスが死んだ日の夜』にて第34回高見順賞受賞[2]、第13回丸山豊記念現代詩賞受賞[3]。2013年、詩集『ジャズ・エイジ』にて第28回詩歌文学館賞受賞[4]。




20170508_073608.jpg
          
posted by YH at 09:36| Comment(4) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

ベランダの花

連休ですね。
お天気なので、多くの方が出かけておられるでしょう。
楽しみですね。私も散歩かな。

ベランダの
ラベンダーや、モッコウバラ、ユリ、今年は咲いてくれたスズラン、
ジャスミンの背が伸びてきました。

花は、季節を憶えて咲いてくれるのですね。
それだから、思い出と重なっていくのかもしれません。
人やその土地を思い出す花もあります。
近くの畑に、矢車草が咲いています。
昔からの花ですね。なぜか、母の姿と重なります。

「千の風」の歌のように、
人は亡くなっても、私たちのそばにいてくれるのかもしれません。
母が亡くなって、少し過ぎたとき、
朝方、小雨でした。眠っていたのですが、
ベランダに、だれかいる気がして、立って行くと、
母が、フードの付いたレインコートを着て立っていました。
顔は見えないのですが、すぐに母とわかりました。
「早く入って!」そういったら、消えてしまいました。
きっと、夢なのですね。
もう16年前のことです。

きょうは、いいお天気です。
皆さまに、楽しい連休でありますように。


IMG_5707.JPG




posted by YH at 10:59| Comment(2) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする