2017年11月15日

奥山 恵『窓辺のふくろう』

奥山 恵歌集『窓辺のふくろう』(コールサック社) 銀河短歌叢書

奥山さんは、児童文学者協会の会員で、評論をされています。
評論集で、第45回日本児童文学者協会新人賞を受賞。
いま 柏市で「ハックルベリーブックス」という児童書店をされています。
フクロウを飼っていて、ときどきですが、お店にいるそうです。
奥山さんは。夜間高校の教師もされていましたが、
少女のような雰囲気の方です。

好きな短歌がいくつもありましたが、
中でも好きだった6首を。

われにはわれの忘れられざるひとありて君が琥珀のように眠る夜

裏の林で拾いて来る枝ならべBOOKの文字を看板となす

喉の羽ふるわせて鳴くほーと鳴く遠きたましい呼んでいるらし

白き貝殻紙につつんでポケットに押し込む わたしがあげた海だよ

霜月より包んだ本たちがひらかれているだろう今宵は

夜間高校も始業の時間店に並ぶ本の表紙も灯れるごとし




posted by YH at 18:47| Comment(2) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月05日

「子どもとことばの力」

10月31日に、日本図書教材協会の「子どもとことばの力」第9回フォーラムがありました。そのとき、お話をさせていただきました。

鷲津名都江氏が「マザーグースとわたし」
その前に、私が「詩が生まれるとき〜まど・みちお氏に出会って」を話させていただきました。
2部は、聞き手、藤田のぼる氏から会場の質問でした。

来年「赤い鳥」創刊100年を記念したものです。
貴重な経験をさせていただきました。

私は、まど・みちお氏との出会いと、教科書に載っている私の3編の作品について
話させていただきました。
そして、お話の最後に、このことを話させていただきました。


 これまで多くの駅に出会いました。ひとつはカナダのバンフという駅です。
駅舎ではなく、ただ、10メートルくらの台だけがあったのです。
プラットフォームというのは「台」という意味です。
列車に乗っていた人は、この台から下ります。
台は、見渡す限り地平線からの風雨にさらされながら、ただ、週に2,3度来る列車のためにありました。
けれど、夜は、満天の星が降り注ぎます。
私は、この小さな駅、プラットホームを思うたび、
この駅のように、強く素朴な自分でありたいと思いました。




posted by YH at 10:34| Comment(0) | 詩(子どもの風景) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月26日

内田麟太郎氏の詩集

内田麟太郎さんの詩集『たぬきのたまご』絵・高畠 純(銀の鈴社)
が出版されました。

いつも、独特の文字があたたかい内田麟太郎氏。
お人柄も、文字のようなあたたかさが伝わってきます。
そして、楽しく、静かなものが伝わってくる方です。
楽しいブログもされています。
絵本『ともだちや』(偕成社)『うし』(アリス館)等を出版されています。
ご紹介したい詩がいろいろあり、迷いましたが、楽しく読むほど心に沁み込んでくる詩を。

  あんぽんたん   内田麟太郎

あんぽんたんってなんなのさ

あんこでしょ
ぽんぽんでしょ
たんとでしょ

ぽんぽんにあんこをたんと
ああ まんぷく

しあわせのことだね




IMG_0085.JPG


posted by YH at 09:38| Comment(0) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする