2019年11月09日

近況

昨日まで、4日ほど、神戸の叔母の家に行っておりました。
叔母は、90歳になりますが、
元気で、今は、一人暮らしをしております。
叔母は、母の妹で、私が小さい頃、一緒に暮らしたこともありました。

叔母の家は、御影の高台にあり、
快晴だった先日は、ゆるやかな楕円形の大阪湾、
そして、少し離れた淡路島まで見えました。
昼間の青い海、夜の湾を包む灯り、
神戸の町は、美しいですね。
生まれ育った土地は、なつかしく心に残っているものかもしれません。


「日本児童文学」11・12月号がでました。
今号は、「特集 詩人まど・みちお生誕110年、没5年」です。

まど先生と、お会いしたときのこともなつかしく、
その作品の奥深さに、改めて、驚かされます。
ぜひ、お読みいただければと思います。



      シマウマ   まど・みちお

    手製の
    おりに
    はいっている




まど先生の詩の中で、大好きな詩です。
posted by YH at 10:36| Comment(2) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月29日

来年のカレンダー

昨日、学生時代の友人が来年のカレンダーを送ってくれました。
「思わず手にとってしまいました。」と、お便りに。

「のんちゃん」というカレンダー。

学生時代、
私はノンちゃんと呼ばれていました。
いまも仲良しの友人は「ノン」と呼んでいます。
楽しい学生時代が浮かびます。

昨年も、友人から楽しい犬の翌年のカレンダーをいただき、
うれしく見るたびに、その人を思い出しました。

カレンダーを送ることは
来年もいい年ですようにと
思いが込められているのですね。

かって、小学生だった娘が、黒い子猫を、拾ってきて、
22年間、可愛がって飼いました。
動物たちが好きです。




IMG_4676 (2).JPG

posted by YH at 09:18| Comment(2) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月12日

青い空

  
  青い空    はたちよしこ

あるひ どこからか
からっぽがやってきた

わたしは うれしくなって
からっぽのなかに つぎつぎといれた

なんかいもの しっぱいや
だれかをきずつけたこと
いつも まよっていること
とうとう 
じぶんまで ほうりこんだ

しずかな なかで
ふと 青い空をおもった

そのとき
いっぱいになったからっぽが
ほうりこまれたものを
つぎつぎに なげだし
わたしも ほうりだされた
からっぽは いなくなった

ただ どこまでも
青い空が ひろがっていた






台風ですね。
雨をふくんだ風のかたちをみました!


posted by YH at 10:14| Comment(2) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする