2017年04月17日

秩父吟行句会に

4月10日、11日
俳句「藍生」の句会,創刊27周年記念企画で
秩父吟行句会に出席しました。
久し振りの参加でした。
出席は54名でした。

光西寺、菊水寺には、
主宰の黒田杏子先生の句、昨年4月に石碑が建立されました。
自然の美しさの石でした。

     花満ちてくる鈴の音の湧くように
     禱る禱る歩く歩く花の國      
                     杏子

1日目は、あたたかいいいお天気でお寺を回りました。
町の、どこにも桜があり、日本の美しさをしみじみ思いました。
2日目は、雨になりましたが、句会がありました。   

先生から特選に選んでいただいたり、句会で点数をいただき、
久し振りの句会でうれしく、感謝の気持ちでした。

先日、「藍生」4月号で、巻頭2句目に選んでいただき、
最初の句に先生の寸評をいただき、感動しました。
 冬霧を貨物列車が運びゆく
 風を指に巻きつけてみる大枯野
 なにもなきところまできて春の雲 
 園児ゆく春一番に巻かれつつ
                    よしこ


今までもそうでしたが、
俳句、詩には、共通のおもしろさ、
不思議な魅力があるのを感じます。





    
posted by YH at 09:48| Comment(4) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする