2018年05月31日

水無月

明日から 6月ですね。 
6月は水無月ですね。


水の無い月と書きますが、水が全く無いというわけではありません。
水無月の【無】には神無月の【な】と同じで連帯助詞として使われているので、【水の月】という意味になります。
旧暦の6月は田んぼに水を引く月ということから、【水無月】と言われるようになったという説や
旧暦の6月は梅雨が明けた時期なので、水無月は【水の無い月】とする説もあります。


昔のいろいろなことって面白いですね。
そうだったのだと、改めて感心することもあります。


昔の人たちは、どんな人たちだったのでしょう。
奈良の薬師寺は私の好きなお寺ですが、


『日本書紀』天武天皇9年(680年)11月12日条には、天武天皇が後の持統天皇である鵜野讃良(うののさらら)皇后の病気平癒を祈願して薬師寺の建立を発願。


遠い昔の人たちは、なにを考えていたのでしょう。
私の中にも、遙か昔の思いが、残されているでしょうか。

詩を書くことも、そんな思いを伝えていくことでしょうか。




posted by YH at 15:03| Comment(2) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月21日

5月の「naot」

5月の「naot」

今月は「夕焼け」の詩です。

可愛い絵をつけていただきました。

小さな靴が、夕焼けの中にあります。
お母さんねこが、ピンクのハンドバックを抱いていて、
可愛いですね。

絵の安福 希さん ありがとうございます。

下記をクリックくださいね。


http://naot.jp/blog/2018/32439
posted by YH at 09:45| Comment(4) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月19日

友人と


昨日、台北に転勤で行っていたときの友人に
久しぶりにお会いしました。

友人とは、
おたがいに子ども達が、日本人学校の中学生でした。
その時からですから、ずいぶん、年月が過ぎました。
おたがいに30代でした。

台北での当時のマンションは
1,2階が大家さん、あと、たしか6階までを貸しておられました。
私は、マンションの5階に住んでいたのですが、
そのとき3階に住んでいた友人でした。

マンションの部屋は広く、
ドアを開けると、すぐに広いリビング、他に5つの部屋があり、
1部屋に卓球台を置いたりしていました。
大家さんは亡くなられましたが、
台北や日本に来られたとき、お会いしたり、
2人で台湾料理を教えていただいたりしました。 

友人とは、帰国してからも、時々、お会いしていました。
とても素敵な方で、気持ちは少しも変わらないままでした。
今回は、2年半ぶりぐらいかもしれません。
お食事しながら、なつかしい気持ちでいっぱいでした。

私は、児童文学者協会に、
明日の研究会に鍵をもらいに行くため、別れましたが
別れてから、寂しくなりました。

懐かしい友人、
また きっと お会いしたいです。


BAhbCVsHOgZmSSJKTmVnYS8yMDE4LzA1LzE4LzA3LzAxLzMxLzcwMC9lNWJjMjE3NmRiNWFjYzBmZTEyODdlOTI3N2VmN2RiZjE1Mzg0YWI2BjoGRVRbBzoGcEkiEGF.jpg
カナダの親子、ダンスの練習かな。


posted by YH at 12:01| Comment(2) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする