2018年07月27日

「きりん きりん」

http://sharin.up.seesaa.net/image/IMG_3360-thumbnail2.JPG

武鹿悦子氏の詩集の写真が、
前のページにどうしても出ませんでした。
posted by YH at 10:43| Comment(0) | 詩(子どもの風景) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

詩集と童話


武鹿悦子詩集『きりん きりん』(リーブル)絵・ 高畠 純

  きりんは みてる
  とおくを ね

  うみの むこうの とおくをね
  そらの むこうの とおくをねとおくを

  だれにも みえない
  とおくを ね

こんな詩で、はじまる絵本。武鹿氏の心やさしい発見があります。
きりんの、そばにいる感じがしてきます。

きりんは ゆらゆら 
よってくる
うえから そっと
よってくる
かおだけ ぼくに
よってくる
からだは むこうにおいといて

武鹿氏は、とても素敵な方です。
詩も、いつも新鮮で、心に残り、勉強になります。
10月に、「小さな詩集」の仲間で、
奈良でお会いするお約束、楽しみにしております。



長井るり子童話『魔女のレッスンはじめます』(出版ワークス)絵・こがしわかおり

楽しさや不思議さがいっぱいの本です。
初めは気づかないで、うれしく読み始めたのですが、読み終え、
改めて、表紙をみて、驚きました。
飯島都陽子氏の推薦が入っていたのです。飯島氏の『魔女の12ヵ月』は、
以前、このブログでも紹介しましたが、私の大好きな本です。
横浜にお店があることも知りました。

長井さんとはお友達ですので、うれしくお電話で話しました。
長井さんの作品は、これまで何冊も出ていますが、
心に残る本ばかりです。





IMG_3362.JPG

2018年07月10日

7月のNAOT

NAOt 7月の詩と絵です。
いつも その月の10日に「風の道を」が新しくなります。
下記をクリックして、みてくださいね。

とても、可愛い絵です。
安福 望さんの絵は、いつも心をはっとさせてくれます。

そして、他にも、楽しいエッセィがいろいろあります。
ぜひ、読んでくださいね。




http://naot.jp/blog/2018/34719



posted by YH at 18:54| Comment(4) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする