2019年04月25日

詩「悲しみ」

 先日、テロで多くの方が亡くなりました。
一人一人にご家族がおられたはず、辛いですね。

日本は、まもなく「令和」になります。
これから、世界に平和が訪れることを願っています。


悲しみ   はたちよしこ

戦争があった国
なにもかも 失った人たちが
食べ物を求めて 集まってくる映像が
映し出された

あかんぼうを 抱き
ちいさな男の子の手を引いた母親がいる
分け与えられる わずかな食料から
うばい合うようにして
手に入れた一切れのベーコン
母親は とられないように
いそいで口に入れた

食べてミルクをださなければ
あかんぼうは 生きていけない

けれど
手を引いていた男の子が
くいいるように見ているのに
気がつくと
母親は
口からベーコンをだして
男の子に食べさせた

映像は 変わり
平和な
風景がながれた

子どもたちの
笑い声が きこえる



   『また すぐに会えるから』より
posted by YH at 19:14| Comment(2) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月20日

空港ピアノ

友人と飛騨高山に、旅行をしてきました。
ずっと行きたいと思
っていました。

高山への車窓は、川の流れの美しい風景でした。
桜の樹が多く、まだ、咲き始めたところでした。
高山では、合掌作りの家がいくつもあり、遠い昔を思いました。

旅行者の多くは、外国人で、むしろ日本人が少なく、
ホテルのエレベーターで、外国の年配の女性と一緒になり、
二人きりなので、思わず、英語で話しました。下手なのですが・・
でも、きっと 喜んでくださったかもしれませんね。>



空港ピアノ       はたちよしこ


TVに「空港ピアノ」という番組がある
空港の待合いに ピアノが置かれ
「どうぞ」と書かれているのだろう
通りがかる人は ふと バッグをおいて弾いていく

その日は マルタ島の空港だった
ピアノを弾いていくのは
足を怪我してプロサッカーを諦めた人
元鉄道員だった人 
赤ちゃんを抱っこ紐のまま弾くピアニスト
人々を助けたいというギリシャの医大生
だれもが いつか夢中で弾いている

その一人がいった
ピアノを弾いていると
マイナーことも
ポジティブのことも表現できる
なにかをみつけ 向かい合い
じぶんを広げていけると

ピアノのそばには
出発を待つ人のソファーがある
人びとは聴くともなく聴いている
そして やがて去っていく
けれど いつか 
この空港ピアノを 思い出すだろうか
明るい希望のように



   「小さな詩集」最終号


posted by YH at 19:41| Comment(2) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする