2019年04月10日

詩 「火種を」


きょうは、冬が戻ってきたように
寒い一日でした。
つい先日は、桜を見ながらのんびり歩いていたのですが・・
でも、こうして春になっていくのですね。



火種を    はたちよしこ

火種をください
わたしのこころに

こころが
凍えていかないように

ある日 じぶんから
逃げてしまっても

火種の明かりに
もどって来れそうだから

つよすぎれば
炎しかみえない

火種は ほのかに
四隅をみせてくれる

火種をください
わたしのこころに

じぶんから 
逃げてしまっても




posted by YH at 18:11| Comment(4) | 詩(子どもの風景) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする