2020年07月02日

西沢杏子さんの新詩集

西沢杏子さんが、
詩集を出されました。
『なんじゃらもんじゃら ともだち』絵・北村麻衣子 (てらいんく)
とても 可愛い詩集です。
タイトルの詩も、この詩も素敵です。なんじゃもんじゃ・・・


 なんじゃもんじゃ   西沢杏子

なんじゃらもんじゃの
まっ白い花
見たこともないさらさらの白さ

どうじゃろか
わしのくらい心とくろい心を
まっさらにしてはくれんじゃろか

なんじゃもんじゃの
ゆたかな花
見たこともないまあるいゆたかさ

どうじゃろか
わしのまずしい心とやすっぽい心を
ゆたかにしてはくれんじゃろか

じじいのねがいじゃ
なんじゃらもんじゃら
どうじゃろか




読みながら、なんじゃもんじゃの白い花が浮かんできました。
不思議な名まえの木、
一度聞くと忘れられない名

祈りが込められているのかもしれない。
ふと この詩を読んで思いました。

詩集の写真が載せられなくてごめんなさい。
西沢さんののホームページ「虫の落とし文」をみてくださいね。
posted by YH at 19:00| Comment(2) | 詩(子どもの風景) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする