2020年07月12日

詩「空の青」

神戸に住んでいた私は、
小さいとき、夏になると 須磨の海に行きました。
じりじり熱い砂浜、青い海
前夜は、うれしくて眠れないほどでした。

おとなになって行ったのは
淡路阪神淡路大震災の後。
里の家が全滅で、須磨に証明書をもらいに行ったときです。
そのとき、
一人、駅から、砂浜に出ました。
潮のかおりが、小さいときの海を思い出させてくれました。

私は、3年ほど前まで、2年間ほどですが、プールに通っていました。
そのとき、何人かの知らない人に、きれいに泳ぎますねといわれ、
驚いたりしました。
学生時代の学校のプールには、高い飛び込み台があり、
水泳部が練習していました。有名選手も出ています。
ずっと 以前の詩です。



 空の青    はたちよしこ

飛び込み台から
あなたの身体は飛ぶ
青空から 足を引きぬき
力強い直線になり
プールを流れる雲の中へ

あなたがつくる
水の輪
それから 
あなたは雲をぬけだし
水を 滴らせながら
まだ 空の青に染まった足で
私の方へ 走ってくる


posted by YH at 09:36| Comment(2) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする