2010年03月16日

春木場

春木場

秋田の田沢湖沿線に
春木場
という駅がある

東京の東西線の
木場
という駅を思い出した

木場に
春がついただけの
駅名だけれど
春へのおもいが
思われ

旅から
帰ってからも
春が近くなると

春木場という
単線の無人駅を
思い浮かべる



『いますぐがいい』より
「田沢湖沿線の風景は、精神状態を変えてくれるほどゆったりしている」
と、ある旅の雑誌で読み、一人出かけたことがある。
もう10年以上も前のこと。

 季節は晩秋で、途中、少しだけ立ち寄った小岩井農場は季節はずれで、
しーんとして、訪れる人もなく、牛だけがいた。
農場にあったホテルで、チーズケーキを食べた。
とてもおいしかった。
「クリスマスがとてもいいので、ぜひまた来てください」といってくださったが
以来、行っていない。
ときどき、なつかしく思い出す。

posted by YH at 09:41| Comment(2) | 詩(旅の風景) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

ほんとうですねぇ。

春木場っていい名前ですねぇ。

土地のネーミングは
やっぱり 何かしら
思いを込めてほしいですね。

思い出すとき 安らぐものなら
たった一回訪れただけでも
心では 何回も行けますものね。

今日は
風は冷たかったのですが
果てない高さまでずーっと水色で
澄んでいました。

定休日なので いつものように
娘のホームに出かけたら

入居している方々のおやつにと
蒸し羊羹を作っているところでした。

彼女 お菓子作り 上手なのですよ。

みなさんに 
「おいしい」ってほめていただくのが
娘の元気の素です。

帰り道 
はたちさんのお好きな菜の花畑を見つけ
速度を落として ゆっくり走りました。

香りまで届いてくれそうな気がして

「娘は こんな安らぐ土地で
優しいスタッフのかたに見守られ
しあわせだなあ」って嬉しくなりました。

黄色は春の色ですね。

何か 励まされているような気がします。

Posted by もあママ at 2010年03月17日 18:18
コメントありがとうございます。

素敵な一日のようでしたね。
読んでいて、伝わってくるようでした。

お嬢さんは、おかあさん似で、
お菓子がお上手なのですね。
小さいときから、見ておられるのですね。

私の家のそばには、
木蓮の木が何本かあって、
いま、真っ白な花を咲かせているのです。

春が、こころ楽しいのは、
お花が咲いてくれるからかもしれませんね。

どうぞ お元気でね。
菜の花のお知らせをありがとうございます。
うれしかったです。



Posted by はたち at 2010年03月17日 19:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。