2011年08月22日

かぼちゃ

かぼちゃ

まるい 家のなかで
種たちが 黄色い明かりになって
団欒している

ついこのあいだまで
この家が
花だったなんて

花だったころ
太陽からもらった光が
いま 種になって灯っている?



『レモンの車輪』より
八ヶ岳のペンション「コロボックル」に行ってきました。

霧が深く、前を行く人が、 すうっと、霧に吸い込まれるように消えていきました。
人の気配のない林の道、霧の不思議な入り口があるようでした。
もう その人はもどって来たでしょうか・・など、ふと思っています。

朝、ペンションの窓からみると、
白いレース編みのような花が咲いていました。
きっと、カラスウリの花(私は、咲いている実物を見ていないのです)と、
オーナーに聞きましたら、かぼちゃの花でした。

でも、真っ白なレース編みのようなかぼちゃの花、
こんな種類もあったのですね。
はじめて見て、感動しました。

posted by YH at 11:47| Comment(2) | 詩(旅の風景) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

不安定なお天気が続きますが
お元気ですか?

昨日 ママ友の集まりでご来店のお客さまは
お洗濯の悩みが話題の中心でしたよ。
やっぱり パリッと乾いたシャツを
子どもたちに着せたいですものね。

ところで“かぼちゃ”と言えば
こちらには 《すくなかぼちゃ》 という
グレーのひょうたんみたいなおいしいかぼちゃがあるのですよ。

大きなかぼちゃですが 長細いので
大根みたいに輪切りにできるし
種も少なく 何よりとっても甘くておいしいのです。

市場にはあまり出回らなくて
時々 道の駅などで購入できます。

煮付けても お菓子の材料としても
ポタージュにしても 本当においしいのです。

はたちさんのブログを読みながら
「このかぼちゃはどんな花をつけるのかしら」と思ったところです。


それにしても
真っ白なレース編みのようなかぼちゃの花は
どんな実をつけるのでしょうね。(^^*)




Posted by もあママ at 2011年08月23日 20:52
もあママさん
コメントをありがとうございます。
昨日から、暑さがもどって、
蝉時雨も、もどってきました。

「すくなかぼちゃ」のこと、はじめて知りました。
名前がおもしろく、ネットで見てみましたら、
「宿儺南瓜」と書くのですね。
飛騨の特産で、育ちにくいとか。
はじめて知りました。
ポタージュスープ、美味しそうですね。

教えていただいて、ありがとうございます。
どんな お花なのでしょうね。
黄色のレース編みかもしれませんね!?

八ヶ岳から、白樺の切り株をいただいてきました。
林の風が吹くでしょうか。

昨夜は、虫の音がしていました。
どうぞ お元気で。

Posted by はたち at 2011年08月24日 11:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。