2013年04月17日

切符

切符

切符が
いちまい

さくらの はなびらと
ならんで
風に 吹かれている

はなびらに
改札の ハサミのあとを
じまんしながら



「またすぐに会えるから」

最近は駅のほとんどが自動改札。
切符を入れると、飛び出てきます。
駅員さんに手渡していた切符はなくなりましたね。

改札で、駅員さんが、切符に入れていたハサミのようなパンチは
もう 使われることなく、駅の倉庫でねむっているのでしょうか。

ふるさとの駅、いろいろな駅で、
桜の花吹雪のなか、駅員さんが切符にパンチを入れていた風景は
もう みられないですね。

便利はとてもいいのですが、
ふと、なにかを失ってしまったような気もします。
忘れないでいたいですね。




  1304 020.jpg
  梨の花を見てきました。花が散って実がなるのですね。  

      
posted by YH at 19:10| Comment(0) | 詩(風の中の風景) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。