2013年11月13日

わくわくタイム

昨日は、地域の小学校3年生の生徒さんたちが、
家を訪ねてくれました。
「わくわくタイム・(総合的な学習の時間)」
(地域のいろいろな人を紹介しよう・計画訪問)でした。

消防署、時計修理、畳屋さん ケーキ屋さん、医者・・・などなどを班に分けて訪問。
私のところには、「詩について」です。
6人の子どもたちから詩について、質問を受けました。
たとえば、
*詩の中で好きなことばはなにですか?
*詩を書くのをやめたくなったことはありますか?
*書いていて、うれしことはなにですか?
*詩を書けたときは、どんな気持ちですか?

ひとことでは、なかなかむずかしい、「うーん・・・・・」???

詩を書けたときの気持ちは?・・・
「はい、うれしいけれど、また、次へ・・・いつもスタートラインに立っている気持ち?」
と、いいましたら、しっかりノートされました。

父兄が、お一人付き添って来られましたが、
時間がなく、子どもたちもいそがしいのですね。
また 遊びに来たいといって、約束をして帰りました。
後で、先生からお電話。
「なにか失礼はありませんでしたでしょうか?」
「とても 礼儀正しい生徒さんたちでした。ありがとうございました。」
と、たのしいひとときでした。


posted by YH at 18:09| Comment(0) | 詩(子どもの風景) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。