2013年11月16日

さびしい日には

さびしい日には      はたちよしこ

さびしい日には
こころに 釣り糸をたらす

こころのなかには
どこからか
流れこんでくる川がある

ときどき
小さなさかなの2、3匹も
まぎれこんでくる

さかながくると
川は澄んで 
光り
釣り糸は流されていく

わたしは いつか
さかなになって
川を溯っていく



「ノート」より
きょうは、小春日和でした。
散歩をしていますと、
畑には、色どりの菊の花が咲き乱れています。
いいですね。
菊の素朴な匂いが好きです。

  *この作品は、「少年詩の学校」15に発表していますが、
   書き変えています。

posted by YH at 18:31| Comment(0) | 詩(風の中の風景) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。