2014年02月05日

きょうは、小学校の防犯パトロールでした。
昨日、降った雪が残っていて、子どもたちをよろこばせていました。

いたずらな子どもが、氷のかけらをみつけて
わたしのリュックに入れては、うれしそうに逃げて行きます。

一人の子が「まど・みちおの詩を習ったよ」
と、いいました。
まど先生、こんな子がいることうれしいですね。

子どもたちは、どんどん成長していきます。
家の方は、じぶんの子どもは、毎日みているので、
気が付かないかもしれませんね。
けれど、どの子もみんな成長しています。

でも、いつまでも、氷と遊んだり、
子どもの気持ちをもったまま育ってほしいです。

作日の雪は、大きな牡丹雪でした。
上から、無数に落ちてくる雪、
じぶんも舞い落ちるようでした。
いつまでもみていたくなりました。
雪国の方には、申し訳けないのですね。


140204 011.jpg
posted by YH at 17:11| Comment(0) | 詩(子どもの風景) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。