2014年04月08日

キリン

キリン  はたちよしこ

キリンが歩くと
首は
空を拭いていく

キリンの歩いたあと
空が美しい




「小さな詩集」2号

春は、どこかまだ寒いのに、
どこかで、なにかが、はじまっているような
不思議なあたたかさがあるのですね。

昔、山によく行きました。
この時期は、春の芽ぶきが、希望のように
感じられて、うれしいのですね。

桜は、もう葉桜になり始めています。
自然は、どんどん変化してゆくのですね。
人も、元気を出して、
大きな自然がそこにあることを
感じて生きていきたいですね。


 140404 033.jpg  
 花の名は?      

          140404 046.jpg
            花びらのクモの巣


posted by YH at 12:12| Comment(2) | 詩(風の中の風景) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、お邪魔します。
ブログをご高覧くださりありがとうございます♪
「キリン」はとっても可愛い澄んだ詩ですね、大好きになりました。

はい!青い小さな花は流れ星が地に堕ちて花と咲いた小春星でーす(/▽\)♪
Posted by 月虹 at 2014年04月09日 14:32
月虹さん
コメントをありがとうございます。
詩を読んでくださって、うれしく思いました。

「小さな詩集」をどなたかに差し上げて
くださってありがとうございます。
うれしく思いました。

「小さな詩集」を差し上げてくださって、
ありがとうございます。
どこかで読んでくださる方が
おられると思いますと、うれしく思います。

月虹さんのお好きな詩人のお名前を
ブログに書かれていましたが、
お好きな詩人は、素敵な方ばかりですね。

いま 月虹が出されている雑誌は
以前「詩とメルヘン」でしたね?
昔は、同人誌から取ってくださって、
友人と2度ほど出たことがあります。
美しい絵ですね。

どうぞ お元気で。
ありがとうございました。

Posted by はたち at 2014年04月09日 18:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。