2015年04月16日

2014年度出版の三越左千夫賞

今年度の三越左千夫賞が決まりました。

今年は25冊が対象でした。
先日、選考委員会がありました。
(選考は、内田麟太郎、尾上尚子、海沼松世、小林雅子、はたち)

賞は、西沢杏子さんの『虫の恋文』(花神社)に決定しました。
虫の好きな西沢さん、おめでとうございます。
楽しく、心に残る詩集でした。

心に残る作品は、多くありました。
賞とは別に、それらの作品が、多くの人の心に、
ひとり歩きしてくれることと思います。

私自身も、そんな詩を書いていきたいと思っております。

     150416 009.jpg
      もあママさんにいただいたミヤコワスレ
      蕾をいくつももっています。
      小さなベランダで、咲いてくれました。

150416 011.jpg


posted by YH at 09:20| Comment(2) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

写真をのせていただいてありがとうございます。
うれしいです。
あの日 庭の手入れをしていて
突然 はたちさんにも見ていただきたくなって
あれもこれもと送ってしまったものです。

私はいつも庭から慰められ
元気をたくさんもらうから
はたちさんとそんなことを語りたかったのでしょうね。
翼をもった言葉になって
今度はよろこびを運んでくれました。

私の庭ではもう少し先になりそうかな?
パンジーや水仙が終わって
今はチューリップと山つつじが満開♪
ミヤコワスレやクリスマスローズは堅いつぼみの状態です。
もう少しあたたかくなれば
ハーブ類やバラ
そしてブルーベリーやストロベリーなんかも
小さなかわいい花をつけてくれると思います。

自然が私たちに贈ってくれるものは
場所や時間を超えて
いつも自由自在なのですね。

※ 西沢杏子さんの受賞
心から「おめでとうございます!」です。
あんなに虫たちを愛して
観察して楽しんでいらっしゃる方 
本当にステキだと思います。

Posted by もあママ at 2015年04月16日 19:11
もあママさん

コメントをありがとうございます。
きれいに咲きましたよ。
とても、うれしかったです。
とても、力強いのですよ。

ヒメツルソバも咲き始めています。
ありがとうございました。
いただいたお花、咲かなければ名前がわからないものもあります。
また、教えてくださいね。

冬の間、かたちさえ見えなかった花が
咲いてくれるってうれしいですね。
じっと、咲くのを待っていたのですね。
じっと努力しているのですね。

もあママさんのお庭は、これから楽しみですね。
私は、小さなベランダですが、
緑が濃くなっていくのが、楽しみです。

転勤で転々としていた私は、
根から植える花のたのしさを知りませんでした。

でも、あるとき庭の広い家に住んだとき、
お向かいの奥さんがいろいろ野草の根からくださって、
野草の楽しさを知りました。
そのときの花は、今は、イカダホトトギスだけです。

年月は流れ、でも、花は咲いてくれるのですね。
みなさまお元気ですか。
どうぞ、お元気で。
私も、元気になりました。
ありがとうございました。

”西沢杏子さん、よかったですね。
こんなに虫を愛しておられる方は少ないでしょうね。

Posted by はたち at 2015年04月17日 08:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。