2016年10月04日

「小さな詩集」15

「小さな詩集」15が発行されました。
1年に2回発行です。
最近は、半年過ぎるのが早く感じられます。

私は、中学時代から、詩、童話を書いていました。
これまでの運動は、卓球、テニス、水泳。
台北にいたときは、卓球台を家においていました。
でも、うまくならなかったです。
テニスも習いに行きましたが、うまくなりません。
ただ、本を読むこと、映画が好きでした。
本は、私を育ててくれたかもしれません。

    短詩     はたちよしこ

  困った   

道を訊ねた
ていねいに教えてもらったのに
また わからなくなった
振り返ると 教えてくれた人が
じっと こちらを見ていた


  立て札 

「ペンキぬりたて!」
と 立て札は
胸を張っている
――わたしがいなければ 大変ですよ!



  線路   

本線――――困った! 電車のダイヤが乱れているらしい
引き込み線―引っこんでいるので わからない



   ?       

洞窟――――暗いなあ 暗いなあ
コウモリ――ぼくたちが 羽ばたくから
      暗がりは 薄くなっているんだよ



  身をもって  

崖下に 立て札が落ちている
「落下注意」
と 書かれていた



        「小さな詩集」15号より


posted by YH at 20:17| Comment(2) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは、お邪魔します。
「小さな詩集」が今日届きました、ありがとうございます。もう半年なんですね本当にはやいです。
熊本地震からも半年たって建築業者が忙しく半壊の我が家もまだそのままです。ポストに詩集が届くと云うのは嬉しく幸せなことでした、レモンさん、真に感謝もうします。
最近、レモンさんの詩が大好きだとある知り合いの詩人さんが仰っていましたよ。
これから夜勤で、バタバタと書きこみ失礼します。
Posted by テル at 2016年10月04日 20:57
テルさん

こんにちは。
メールをありがとうございます。

熊本地震から、もう半年なのですね。
いろいろ大変だったことと思います。
どうぞ お元気を出されてくださいね。
熊本城も、これからですね。

テルさんの、ブログのお子さんの写真は
お孫さんですね。可愛いですね。
書かれている詩の中の、
素敵な魔法使いになってくれそうですね。

わが家は、家の中にも、
天井まで届く木を入れています。
いろいろと、近くで拾ってきたものです。
ベランダにもです。
自然のものが好きです。
私も魔法使いの弟子になれるでしょうか!?

どうぞ お元気で。
台風に気をつけてくださいね。
Posted by はたち at 2016年10月05日 11:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。