2017年05月10日

五月の少年詩・童謡・詩論研究会

日本児童文学者協会で
2ヵ月に一度、新しい詩集を読み、詩の合評会をやっております。
5月は、中上哲夫氏のお話です。

<202回 少年詩・童謡・詩論研究会>

・5月21日(日)午後1時半より、
*協会事務局にて
<詩集を読む>
「西脇順三郎について」
レポーター 中上哲夫
後半は詩の合評会。自由に詩を。
*主催は、協会研究部。問い合わせは
協会事務局(рO3・3268・0691) 

  
以下は、Wikipediaからです。
中上 哲夫(なかがみ てつお、1939年3月6日 - )は、日本の詩人、翻訳家。本名、佐野哲夫[1]。
大阪府大阪市出身[1]。東京経済大学商学部卒業。アレン・ギンズバーグをはじめビート・ジェネレーションの詩人たちの影響を受ける。同人誌「ぶるう」「ぎゃあ」「木偶」を経て、個人誌「黄金の機関車」を発行。2004年、詩集『エルヴィスが死んだ日の夜』にて第34回高見順賞受賞[2]、第13回丸山豊記念現代詩賞受賞[3]。2013年、詩集『ジャズ・エイジ』にて第28回詩歌文学館賞受賞[4]。




20170508_073608.jpg
          
posted by YH at 09:36| Comment(4) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、お元気そうでよかったです。
合評会は二ヶ月に一回なんですね。お疲れさまです。

東京の方では詩の朗読とか色々なイベントも活発でいいなあとよく思うんですよ。

熊本では毎月、第4木曜日に近代美術館で「詩の朗読との夕べ」が唯一ありましてぼくもやっとレギュラーにしていただけました。
毎月、テーマにそって自作詩を朗読するのを楽しみにしています。

今月は「宇宙」がテーマなんですよ。
どなたか詩人さんがひょっこりサプライズで見えたら面白いでしょうね。
レモンさんとか(^^)/
Posted by at 2017年05月11日 15:58
末さん

こんにちは。
コメントをありがとうございます。

ブログの美しい写真拝見しました。
いろいろ、ドライブされているんですね。
これからも、楽しみにしております。

「詩の朗読との夕べ」でレギュラーで
朗読されるのですね。
すごいですね。聴いてみたいですね。

私は、ひっそり書いているだけで、
朗読とか苦手です。ダメですね。
「宇宙」がテーマとか、むずかしいですね。
がんばってくださいね。

明日、13日1時から、
NHKのEテレで「こころの時代」という番組がありますが、
もあママさんから、金田さんという女性が紹介され、
よかったらと、教えていただきました。

いつも、見ないのですが、
今回は、見てみたいと思っています。
どうぞ お元気で。
また、小さな旅の写真を楽しみにしております。
Posted by はたち at 2017年05月12日 09:54
こんにちは。
すみません、訂正いたします。
「詩の朗読の夕べ」です。失礼しました。

「心の時代」是非みたいと思います。
拙ブログをお読みくださり何だか恐縮しております。
また、頑張って記事アップいたします。
ありがとうございます。
Posted by at 2017年05月12日 11:50
末さん

わざわざお知らせをありがとうございます。
「詩の朗読の夕べ」がんばってくださいね。

ベランダが緑です。
ジャスミンのいい香りがします。
どんどん大きくなっていますが、
今に、包まれるかも!!
Posted by はたち at 2017年05月12日 18:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。