2017年05月22日

日本児童文学者協会の総会

ベランダの百合の花が蕾を持っています。
カサブランカです。
今は、1メートル伸びて、ついに蕾をです。
昔、山に登っていた頃、大きな山百合を見ました。
山百合は、大きいけれど、清楚な花ですね。
今週は、日本児童文学者協会の贈呈式、総会などがあります。

日本児童文学者協会の賞
第57回日本児童文学者協会賞   ひこ・田中『なりたて中学生 初級編・中級編・上級編』(講談社)
第50回日本児童文学者協会新人賞 藤重 ヒカル『日小見不思議草紙』(偕成社)
第21回三越左千夫少年詩賞    佐野のり子『ミミズのバイオリン』(花梨社)
                 柿本香苗『ペンを持つと ボクね』(竹林館)

5月26日、学習交流会(どなたでも参加)
      文学賞贈呈式、パーティー。
  27日 定時総会。

三越左千夫賞の選考委員をしていましたが、
それぞれ、いい詩集があり、うれしく思いました。


posted by YH at 19:35| Comment(4) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。

ベランダ便りを楽しみにしております。

いろんな植物を育てていらっしゃるようで
その喜びが伝わってきてうれしいです。

わが家の庭も
日々プレゼントのように
新しい発見がありますよ。

私は
家の周りの林も毎日訪れるのですが
下草をきれいに刈り取ってやったあとは
今まで気づかなかった木々の芽吹きも見つけられて
たくましさと不思議さに感動します。

どんなことも
気づくことが大切なんでしょうね。

「桃栗三年柿八年
 ゆずの大馬鹿(私の言葉ではありませんよ)十八年」
庭の柚子の木は
今年初めてつぼみを5つつけてくれました!


ところで
『ミミズのバイオリン』っていいですね。

想像すると・・・・・
何だか楽しくなってきますね。




Posted by もあママ at 2017年05月23日 15:38
こんばんは。

1メートルものカサブランカ、すごいですね。
きっと見事な姿に花開くのでしょう。
楽しみですね。
実家のある山里には白い鉄砲百合が峠付近に毎年、
沢山咲きます。何だかそれが嬉しくて。


沢山の少年詩詩人さんたちと交流させて頂きたいですが、なかなか、東京は遠いですね。
会合、お疲れさまです。


カサブランカの開花写真を楽しみにしています。
どうぞ、お元気でいらして下さい。
Posted by at 2017年05月23日 20:13
もあママさん

コメントをありがとうございます。
もあママさんのお庭は美しいでしょうね。

我が家は、ベランダですが、
自然に見えるように
並べているのですよ。ふふふ
ライラックも、ラベンダーも時が過ぎ、さびしいです。

先日、金田亜可根さんのTVを見ました。

ーーいのちとの係わりを自分自身で考える
ーーいのちと向き合い、「普通」の今を生きる

いろいろ、考えさせられました。
お子さんを亡くされているのですね。
だまって、人の話を聞かれていて、素敵だと思いました。

『ミミズのバイオリン』素敵な詩集です。
ご主人は詩人の中上哲夫氏です。

いま、緑がきれいですね。
柿若葉・・・きれいな色だと母が教えてくれました。

近くに林・・・いいですね。

どうぞ お元気でね。
お嬢さんによろしくね。
Posted by はたち at 2017年05月24日 09:23
テルさん

こんにちは。
コメントをありがとうございます。
ブログの八代城跡、美しいですね。
いいところですね。

ご実家も素敵なところにあるのですね。
百合の花は、咲くと存在感がありますね。
昔、百合の花の詩を書きました。

  細い葉っぱのかいだんを上って行くと
  白い部屋があり、
  椅子と、テーブルが並んでいた

たしか、こんな詩だったかも・・・

日曜日の研究会は
協会で、中上氏のお話と、
後は作品合評会、
出席者12人で、沢山の作品で
2時間で大急ぎでした。

来月は詩人の藤井則行氏を福井から。
素敵な先生です。
詩集は、田代しゅうじ氏の新刊です。

どうぞ お元気で。


Posted by はたち at 2017年05月24日 09:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。