2017年08月26日

魔女のほうき草


以前、話しました『魔女の12ヵ月』(山と渓谷社)の
「8月のとっておきのハーブ」です。

それは「魔女のほうき草 ブルーム」です。
ハニエニシダが鬱蒼と茂るところは「魔女の住処」と伝えられているそうです。
エニシダは英名で「ブルーム」ほうきと訳します。
生命力のつよい植物で、パワフルな魔女の住処として
うってつけだったのでしょう。

ほうきを作るとき
材料になるブルームの枝を束ね、きつく柄に縛りつけます。
そのとき、口にくわえたブルームに含まれるスパルテインというものが、
体内で作用して、
朦朧と、ふわふわと空を飛んでいる気分になったとしても、不思議ではないそうです。

日常的な道具でありながら、非日常の世界を持つほうきは
古来、魔法と関係が深く、ある種の力を持っていると考えられました。

ブルターニュ地方では、戸口を守る精霊を追い出さないように
ほうきは、窓や屋根から入れたそうです。

私たちは、最近、ほうきを使うことが少なくなりましたね。
でも、ほうきでなければならないところもあります。

こんなことを思いながら、ほうきを使っていると
楽しくなります。
私は、魔法使いの弟子だったのかもしれません!!




posted by YH at 10:09| Comment(2) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

随分と熊本は秋めいて参りました。
鈴虫等が草かげでなく様を感じますと感情も深く、詩の創作欲もわいてくる気が致します。

レモンさんは魔女の弟子。なるほど、そうでしたらぼくは魔女の弟子の弟子にさせていただこうか知ら。

少年の頃は何度か空を飛んでいる夢を見ました。
高所恐怖症ですから低く飛んでいましたが(笑)
Posted by at 2017年08月27日 01:27
末さん

おはようございます。
コメントをありがとうございます。

きょうは、少し涼しい朝です。
秋が近いのでしょうか。
でも、季節は進んでいるのですね。

きょう、机の上のランプを見ていましたら、
秋が来ていました。
まだ だれにも見つかっていないですね。

魔法・・・
私たちは、気づかないで使っているのかもしれません。

「あの人どうしているかな」って思うと、
その人から、手紙が来たり、電話があったり・・・
偶然と思いつつ、はっとして、楽しいですね。

魔法使いの弟子の弟子をとるまで
私は。まだまだ修行が足りないです!!
ただ、季節を見つけるのだけは、少し、修行が進んでいるのかも。ふふふ

どうぞ お元気でね。
ありがとうございました。
Posted by はたち at 2017年08月27日 09:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。