2017年11月05日

「子どもとことばの力」

10月31日に、日本図書教材協会の「子どもとことばの力」第9回フォーラムがありました。そのとき、お話をさせていただきました。

鷲津名都江氏が「マザーグースとわたし」
その前に、私が「詩が生まれるとき〜まど・みちお氏に出会って」を話させていただきました。
2部は、聞き手、藤田のぼる氏から会場の質問でした。

来年「赤い鳥」創刊100年を記念したものです。
貴重な経験をさせていただきました。

私は、まど・みちお氏との出会いと、教科書に載っている私の3編の作品について
話させていただきました。
そして、お話の最後に、このことを話させていただきました。


 これまで多くの駅に出会いました。ひとつはカナダのバンフという駅です。
駅舎ではなく、ただ、10メートルくらの台だけがあったのです。
プラットフォームというのは「台」という意味です。
列車に乗っていた人は、この台から下ります。
台は、見渡す限り地平線からの風雨にさらされながら、ただ、週に2,3度来る列車のためにありました。
けれど、夜は、満天の星が降り注ぎます。
私は、この小さな駅、プラットホームを思うたび、
この駅のように、強く素朴な自分でありたいと思いました。




posted by YH at 10:34| Comment(0) | 詩(子どもの風景) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。