2018年02月16日

『猫年 2月30日』

西沢杏子さんが
『猫年 2月30日』(てらいんく)を出版されました。
「ねこ新聞」に掲載されていた物語です。

西沢杏子さんは詩で、第15回丸山豊記念現代詩賞、 第19回三越左千夫少年詩賞、
幼年童話では、毎日新聞小さな童話大賞「山下明生賞」を受賞されています。

今回の作品は、猫が主人公。
猫も人間と同じ思いで生きているのだろう。いや、それ以上深いかもしれないと思わせてくれる。
人の身近にいる猫、深いつながりを思います。
2月30日・・・・どこかにきっとある、この日を大切に思いたい。

表紙絵は、
西沢杏子さんのお嬢さん、糸信さんが少女時代に描かれた絵、
「愛猫・ルリ」です。

ぜひ、読んでください。
幸せということ、人生ということを、再び、考えたくなります。
彼女のホームページもぜひ。



IMG_1129.JPG


posted by YH at 11:57| Comment(2) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
レモンさん、こんにちは。
こちらは今日も寒さが和らいで助かっています。

西沢杏子さんの詩集は気になるところです。
ホームページにレモンさんの詩も掲載していらっしゃいますね。
表紙絵が少女時に描かれたとは凄いですね。
とても素敵な絵だと思います。

最近は庭を花で一杯にしようとせっせと買ってきては植えていますよ。
パンジー、デージー、もっともっと増やしたいです。

花はいいですね。

Posted by at 2018年02月17日 17:24
末さん

いつもコメントをありがとうございます。

ブログ拝見しました。
黒木アンさんのお花素敵ですね。
絵本も入荷。
そして、お作「神さまの主食」、
すてきなブログですね。
楽しませていただきました。

お花もどんどん植えておられるとか、
素敵ですね。
野草のような花は、お店には向かないかな。
でも、いろいろ楽しみですね。

お店も、どんどん美しく楽しくなりますね。
多くの方が、訪れられることと思います。

今日は、「精神保健福祉啓発事業」の合同展覧会に行きました。
四国の友人が特別出品しているので、新座市まで。
みなさん、がんばっておられるのですね。

きょうは、暖かい日でしたね。
どうぞ、お身体に気を付けて、
お店がんばってくださいね。



Posted by はたち at 2018年02月17日 18:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。