2018年02月27日

詩誌「ヘロとトパ」

詩誌「ヘロとトパ」第2号を
お送りいただきました。
水木ユヤさんと山本純子さんお二人の詩誌です。
詩、エッセィです。
エッセイは、山本さんの「中江俊夫さんとまど・みちおさん」です。
中江俊夫さんの私の好きな作品「物音」も。
明日は、まど先生のご命日ですね。

山本純子さんは、詩集『あまのがわ』(花神社)で、H賞を受賞され、
少年詩集『ふふふ』(銀の鈴社)俳句とエッセー『山ガール』(創風社出版)など・・

お会いしたことはないのですが、詩集やお手紙をいただき、
いつかお会いできますようにと、願っております。
今回、詩誌は素敵な作品ばかりでした。
その中から、1編、山本さんのお作を上げさせていただきます。



  いいことがあったとき    山本純子

いいことがあったとき
帽子をつかんで
空へ 思いっきり
ほうりあげる人がいる

喜びが
空のあのへんまで
わき上がっているんだ
と はっきり
目に見えるように

もちろん 帽子は
すぐに落ちてくるから
その人は
帽子をかぶりなおして
また 何もなかったように
歩いていく

つばをつかむと
帽子を
空へ 思いっきり
ほうりあげやすい

だから
帽子屋さんは
ときどき
帽子を
空へ 思いっきり
ほうりあげては
つばの具合をみている

注文した帽子を
受けとりに行くと
 帽子が
 空に浮かんでしまう
 こともあります
と書いた
領収書をくれる





posted by YH at 08:56| Comment(2) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。

今日はまど・みちお先生の御命日なんですね。
少年詩にふれるとやっぱりホッとします。
ワクワクします。
詩を書きたくなります。

また詩友が居ることは嬉しいことですね。

久しぶりに風邪をひいて仕舞いましたが、レモンさんは大丈夫でいらっしゃいますか?
庭にはホトケノザにつぎオオイヌノフグリが星空のように広がっています。
春の兆しはやはりうれしいです。
Posted by at 2018年02月28日 07:24
末さん

コメントをありがとうございます。

お風邪は大丈夫ですか。
少しずつ春に、向かっているときに
風邪を引かれる方が多いので
どうぞ お大事になさってくださいね。

ホトケノザ、春なのですね。
紅色のようですが、寒いせいか濃いのですね。

きょうは、まど先生のご命日です。
2014年に亡くなられました。
いまでも、お声が聞こえるようです。

もう まど先生のような方は、
時代の中、しばらく出ないかもしれません。

いろいろな環境、才能、
そして、まど先生の深さ、楽しさが
作品を生み出していたのでしょうか。

私は、まど先生と同じ時代に生きられたことを、
うれしく思っています。

お店、楽しみですね。
春には、きっと多くの方が来られますよ。
どうぞ お疲れの出ませんように。
Posted by はたち at 2018年02月28日 08:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。