2018年05月13日

クマの親子

カナダのクマの親子。

はじめて見たそうです。
可愛いですね。でも、このとき親は子どもを守るのに必死ですよね。



BAhbCVsHOgZmSSJKTmVnYS8yMDE4LzA1LzEzLzA5LzQwLzEwLzg0MS82YmYyYTc1ZmJlMWI5NmM1NzgwMTg5MjllOTQ1NWQ3M2ZlZTkwYjgwBjoGRVRbBzoGcEkiEGF.jpg


IMG_9920.JPG



posted by YH at 20:51| Comment(2) | 詩(子どもの風景) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
今日の熊本は30度越えの気温とか暑いです。

カナダは涼しそうですね。
名前こそ熊本ですが野生の熊は阿蘇のクマ動物園にしかいません。正式な名前はカタカナで忘れました(笑)

もともと隈本だったのを加藤清正が熊本にかえたらしいです。どつちもパッとしませんね(笑)
余談でした。

子どもを本能で守る熊。人は心で子どもたちを守ります。ですね。
Posted by at 2018年05月15日 16:16
末さん

こんんちは。
いつも、ブログをみていただき、
コメントをありがとうございます。

熊本は隈本だったのですか。
はじめて知りました。
いろいろおもしろいですね。

どこでも、自然が多く残されている国はいいですね。
でも、カナダでも、熊の道を、人間が住宅として
切り開き、熊が渡れなくなったところもあるそうです。

子どものころは自然として、見る目がなかったのですが、
これから、世界中の自然を、動物を、
みんなで大切にしていきたいですね。

動物も、心で子どもを守っているようです。
子どもの可愛がりようをみていると、そんな気がします。

昨夜は、新橋の句会でした。
いつも コメントをありがとうございます。
きょうも、いいお天気です。

Posted by はたち at 2018年05月16日 09:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。