2019年10月05日

詩「レール」

 
   レール  はたちよしこ


  子どものとき
  画用紙から
  はみ出したレール

  わたしの中から
  いまも 続いている

  山の中や
  海辺
  人びとのあいだを走り

  あなたの中の
  なつかしいような 
  小さな駅へ
  走っていく




秋らしいと思うのもつかの間
暑い日が続いていますね。
忙しくしておりました。
また 元気で、ゆっくりしたいです。


posted by YH at 09:37| Comment(2) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。
電車に乗ると子どものようにワクワクします。
流れる風景に色々と思いを馳せます。
またバスも同じくそうです。
自身の詩はバスの詩が多いです。大きなバス、バス停、物語がいつもそこにあります。

ヤフーブログはもう投稿が出来なくなりました。12月には消滅するそうでさびしいです。

さて、今年は東京へと思っていましたがあれよあれよと季節が変わり早いものですね。
先日は九州詩人祭宮崎大会でした。熊本代表で朗読いたしました。

レモンさんもお忙しかったご様子、今朝なんか肌寒いです、お風邪等を召しませぬように。
Posted by at 2019年10月06日 06:37
末さん

おはようございます。
コメントをありがとうございます。

九州詩人祭宮崎大会熊本代表、
すごいですね。
どんな詩を読まれたのかな。
また 教えてください。

「レール」の詩、原案にもどしました。
電車を入れたらと、入れてみたのですが、
どうしても、しっくりこなくて、
はじめのようにしました。
また、教えてください。

家族が入院して、毎日行っています。
来週には退院できます。
ご心配なくしてください。
元気ですので。

どうぞ お元気で。
ありがとうございました。



Posted by はたち at 2019年10月06日 09:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。