2019年12月05日

奈々子さん

12月1日に
「吉野弘の詩を奏でる」の会に行ってきました。

この会は、吉野先生のお嬢さんの奈々子さんがされている喫茶店「シュエット」でありました。
「シュエット」は、本庄市北堀にあります。大宮から1時間あまりのところです。

ここには、吉野弘先生のコーナーもあり、
当日は、ギター演奏、吉野先生の詩の朗読、
奈々子さんの、お父様の思い出のお話がありました。

奈々子さんが、子どもの頃
宿題の作文を見てほしいと、吉野先生に手渡したそうです。
「少し直したよ」と、いわれたそうですが、
見ると、真っ赤に赤字が入ってもどってきたそうです。

楽しいですね。
「奈々子に」という詩、改めて、心に残ります。
奈々子さんは、お父様の詩を、学校で習うのですから、いろいろな思いがあったでしょうね。
でも、素敵なお父様だったことと思います。

私は、35年近く前、
池袋で「吉野弘の詩の教室」に通っていました。
やさしい、一生懸命な先生でした。
詩集『レモンの車輪』は、吉野先生の跋文をいただいています。
作品に対しては、厳しい先生でした。

私は、これからも、
がんばって、詩を書いていきたいと思う一日でした。



posted by YH at 19:08| Comment(2) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。
吉野先生、お嬢さんのお話ありがとうございます。
著名な方とお会いしお話するといった体験はありません。それは貴重なものになるのでしょうね。
たしか、吉野先生の奥様とお嬢さんが選ばれた吉野弘詩集があったと記憶しています。何だか羨ましいような思いです。素敵ですね。

そう云えば「2019子どものための少年詩集」の付録にレモンさんの詩を見つけました。
ああ、こうしてコメントさせてもらうのが僭越で恐れ多い気がします。
Posted by at 2019年12月07日 10:42
末さん

コメントをありがとうございます。
お元気ですか。
早、12月ですね。
子どもの頃は、一年が途方もなく長かった気がします。
今頃は、クリスマスのサンタさんを待っていたのですよね。

吉野弘先生の狭山のお宅に、一度お邪魔したことがあります。
『レモンの車輪』をご指導いただいたときです。

先生は、車の免許を取ったばかりと
笑っておられ、家まで乗せてもらったのです。
懐かしい思い出です。
次女の万奈さんも、素敵なお嬢さんです。
一度だけお会いしました。

話は変わりますが、
友人が可愛い詩集『あなさやか』を発行しました。
また お知らせしますね。

きょうは、寒いです。
お風邪引かれませんように。
ありがとうございました。
Posted by はたち at 2019年12月07日 19:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。