2020年04月23日

新詩集

畑島喜久生  幼年詩集 『いない いない ばあ』(らくだ出版) 絵・水上悦子

   ぼくが
   あかちゃんの
   てを ひらいてみたら
   いっぱい
   ごみを 
   にぎっていました    作品「ごみ」より

 畑島氏の100何冊目かの本になる。教師のための本など、多くの本を出版。現在「少年詩の教室」を発行している。
 この詩集は、小さな子のひとりごとのようなことばなど、思わずほほえんでしまう。氏は現在90歳になられる。多くの活動を
 ご一緒させていただいた。


小泉周二  詩集『たたかいごっこ』(四季の森社)

   そらくん かわいくないよ
   と 突然言う

   そらくん かわいくていいじゃないか
   と 言うと

   そらくん かわいくないんだよ
   と 言い返す

   そらくん まだきみは二歳なんだぜ   作品「反抗期」より

小泉さんは「網膜色素変性症」という難病で、40歳すぎまでは失明しなかったが、後は失明。しかし、その後も、教師として勤め、いまは、お子さん美空くんとのいろいろな出来事を書いている。ラストに「気が付いてみると/それほどぼろぼろでもない自分ががいる」と書いている。ギター、歌もされる。お話をしていると楽しい方です。


白根厚子   詩集『母のすりばち』(詩人会議出版)

   母は よく話をした
   東京の空襲がはげしくなって
   父の田舎である秋田へ疎開
   そんな中でも
   母はいろいろ語ってくれた
   すりばちもその一つだ

       (略)          作品「母のすりばち」

長い詩です。続きは楽しみに。
白根さんとは、詩誌「おりおん」から、いくつもの同人誌で、ずっとご一緒してきた。お父様、お母様、2年前には、ご主人を亡くし、辛い中、平和への思いは強く、がんばっている。この一冊を順に読んでいくと、白根さんの気持ちが、読み手の心に滲んでくる。表紙はお母様の着物。美しい表紙です。


クリックしてください。
絵.docx絵.d絵.docx
posted by YH at 14:45| Comment(2) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
レモンさんお元気ですか?
詩友とも逢えない非常事態下。人が恋しいとこんなに思うことはありません。まさかこうなることを誰も予測できなかったでしょう。

現在あるテーマをもとに詩作を書きあぐねているのですが。家にいて積読本を開いたりとできることは幸いではあります。

白根さんの詩、気になります。
たとえば戦争を知らない世代がそこへどう取り組んだらいいのか。その先ず一手がみつかるといいのですが。しかしぼくは見つけなければ為りません。

マスクは足りていますか?
いつの日かお茶をすすりながらでもお話させて頂けたらと思っております。

Posted by at 2020年04月29日 11:12
末さん

こんばんは。
コロナで、生活が変わりましたね。
お店はいかがですか。
どこも 大変のようです。

だれにも会えないのは寂しいです。
電車やバスに乗って、なにげないことが
できないですね。

けれど、日々一日が終わるのが早いです。
いただいた詩誌や詩集のお返事を書くことにいっぱいで、
終わっています。

でも このまま日が過ぎるのがこわいです。
しなければいけないことが・・と。

俳句の仲間とは、リレーのように
順に送り合っています。すぐに回ってきます!!

また、別の句会では、
代表が、みんなが送った句をまとめて
ネットで送ってくれて、
そこから、選句したりです。

ありがとうございます。
マスクはいただいたものがあるのです。

また 熊本まで行ける日が来るでしょうか。
また 東京にも・・・でも、しばらくだめですね。
どうぞ お元気でいてください。


Posted by はたち at 2020年04月29日 19:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。