2020年07月12日

詩「空の青」

神戸に住んでいた私は、
小さいとき、夏になると 須磨の海に行きました。
じりじり熱い砂浜、青い海
前夜は、うれしくて眠れないほどでした。

おとなになって行ったのは
淡路阪神淡路大震災の後。
里の家が全滅で、須磨に証明書をもらいに行ったときです。
そのとき、
一人、駅から、砂浜に出ました。
潮のかおりが、小さいときの海を思い出させてくれました。

私は、3年ほど前まで、2年間ほどですが、プールに通っていました。
そのとき、何人かの知らない人に、きれいに泳ぎますねといわれ、
驚いたりしました。
学生時代の学校のプールには、高い飛び込み台があり、
水泳部が練習していました。有名選手も出ています。
ずっと 以前の詩です。



 空の青    はたちよしこ

飛び込み台から
あなたの身体は飛ぶ
青空から 足を引きぬき
力強い直線になり
プールを流れる雲の中へ

あなたがつくる
水の輪
それから 
あなたは雲をぬけだし
水を 滴らせながら
まだ 空の青に染まった足で
私の方へ 走ってくる


posted by YH at 09:36| Comment(2) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。

水泳がお得意なんですね。
高飛び込みのフォームが思い浮かばれます。
実は軽い高所恐怖症で飛び込みは苦手です(笑)
誰にも弱点はあるみたいです(笑)

昔、三大急流のひとつ球磨川でひとり泳いでて流され死ぬかと思いました(笑)
何度か死ぬ思いを経験すると何が一等、大切か考えるようになりました。

幸いぼくは詩を好きに為りました。嫌いなひとはいないでしょうが詩を通して「本当のこと」を見つめてきたように思います。
詩作に置いて表現の難しさを度々思い知るのですが諦めないようにしています。
Posted by at 2020年07月15日 18:23
末さん

コメントをありがとうございます。
PCの具合が余り良くなく、ブログを見れませんでした。
ごめんなさい。

お姉様はいかがですか。
お薬は大丈夫でしたか。
末さんは、お優しいですね。

雨はいかがですか。
来週は梅雨明けのようですが、地盤が緩んでいたり、
どうぞ お気を付けてくださいね。

詩をお好きになられた末さん、うれしいですね。
これからも 楽しみにしております。

私は、電車に乗って出掛けるとき本を持って出ますが、
最近は、家にいるので、
本を読む機会が少なくなりました。
いま 家にあった浅田次郎「蒼穹の昴」を読んでいます。
4巻目ですので、もう終わりですが、
まあ 面白かったです。

梅雨が終われば、夏本番ですね。
どこかで、大きなひまわりが咲くでしょうか。
  
 こんなにも昔の向日葵小さくない  よしこ


どうぞ お元気で、お気を付けてくださいね。
Posted by はたち at 2020年07月16日 14:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。