2018年11月07日

絵本

これは、ドイツの絵本です。
グリム童話の「髪なが姫」
1974年出版の絵本です。
絵が美しいので買ったと思います。

   (クリックして大きく見られます)
"




IMG_0508.JPGIMG_0509.JPGIMG_0510.JPG
posted by YH at 14:21| Comment(0) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月05日

詩・俳句

 透明度   はたちよしこ

風の静かな日
湖に
舟が浮かんでいる
透明度を測るためだという

紐を付けたお皿を沈め
それが見える深みまでが
透明度だという

やがて 
湖水をみつめていた調査の人が
引き上げたのは
白い小さなお皿

それは
子どものとき遊んだ
ままごとのお皿と同じだった

それから
わたしは
風の静かな日

ままごとのお皿を 沈めてみる
わたしの心の奥に




  *  *  * 

秋は木の廊下のごとはじまりぬ


心といふかたちなきもの触る秋


アンナ・カレーニナ佇むごとし霧の駅


椅子たおれ風のかたちののみえる秋


部屋のドア難破船のごと秋深む



posted by YH at 18:58| Comment(2) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月27日

ハロウィン

平山暉彦『きょうはハロウィン』’福音館書店の
美しい絵本があります。

私は昨年買ったのですが、
2013年10月1日出版です。
どのページの絵も美しく、みていて、本当に楽しくなります。
今年も飾っています。

私は絵本が好きで、
また 手持ちの絵本をご紹介したいです。





harowin.jpg
「よるの まちは、ひるまとは まるで ちがう ばしょみたいです」(本文より)






posted by YH at 12:14| Comment(0) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月22日

電気釜

長い間使ってきた電気釜が動かなくなりました。
この電気釜を変えなければならなくなりました。

しみじみ、電気釜を見ました。
もう、7,8年は、使っただろうか。
毎日のように・・・。当たり前のように。
ありがとうとうも言わなかった。

捨てるまえに、きれいに拭いてあげたくなりました。
布巾で、汚れたところをきれいに拭きました。

もし、この電気釜が、
電気釜の国に帰っていくとしたら、
きれいにしてあげたい。

ていねいに、拭いた。
本当に、よく働いてくれた。
家族、友人が来たときも、いつも美味しく炊いてくれた。

「長い間、ありがとう」
電気釜にいいました。


きょうは、
電気釜のことを書いておきたくなりました。







posted by YH at 18:45| Comment(2) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月16日

音読集

いただいた詩集や同人誌には出来るだけ
お返事をしています。
送ってくださった方の気持ちが
伝わってくるような気がするからです。
そして、私も「小さな詩集」を送らせていただいているからです。

月に、30通以上は、お返事を書きます。
毎日、いただいた順に、まず読んで、書いて
出来るだけ早くと思っていても、
どうしても、遅れてしまったり、書けないときもあります。
そのときは、お許しくださいと、つぶやいています。

昨日、「少年詩・童謡・詩論研究会」で、
以前に発行した音読集の注文がありました。
子どもさんが、音読集をなくしてしまい、ほしいとのこと、
注文をうれしく思いました。

来年は、新たに、音読集を発行いたします。
私の手元には、今、この2種類しかないのですが、可愛い表紙です。
詩は研究会の仲間のものです。



IMG_0334.JPG



IMG_0333.JPG

posted by YH at 18:39| Comment(0) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月11日

NAOT10月です。

NAOTの10月の絵と詩です。
下記をご覧いただければ、うれしいです。

絵をみていると、ふと、絵のクマが、動いたような気がしました。
そんな気がする絵です。

他にも、NAOTの、いろいろな楽しいことニュースが載っています。



https://naot.jp/blog/2018/39403



posted by YH at 19:42| Comment(0) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月10日

リトルストーリー

ブログを振り返って見ましたら、
NATOのリトルストーリーの9月の詩
載せていないことに気が付きました。

ぼんやりしていたのですね。
絵を描いてくださっている安福望さんごめんなさい。
素敵な絵をありがとうございました。



https://naot.jp/blog/2018/38242




posted by YH at 18:34| Comment(0) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月05日

「坂道」

   坂道   はたちよしこ

母は
家のまえの 坂道を
死んだ父が 上ってくるような
気がするという

私は
家に帰るとき 坂道を
死んだ父が 下りてきてくれるような
気がする

坂道は
じぶんを
どちらから 見つめているのだろう 

                   『レモンの車輪』より


ふと、昨日、父のことを思い浮かべました。
亡くなって、もう30年です。
優しい、楽しい父でした。

ときどき 当時めずらしかったケーキを買ってきてくれました。
ショートケーキです。
でも、ケーキには、小さな銀の粒がのっていました。
それは、少し苦いような味でした。
5,6歳だった私は、それだけ残していたような記憶があります。

住んでいた家は、借家でしたが、
庭に、サザンカの木が2本、そして、テーブルのような、大きな平たい石がありました。
私はそこに、ままごとの道具を並べて遊んでいました。

今でも、サザンカの木を見るとなつかしく思い出します。

思い出というには、脳のどこに折り込まれているのでしょう。
遠い記憶を、訪ねたくなるときがあります。


posted by YH at 14:19| Comment(2) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月28日

「秋」

    秋へ    はたちよしこ

   観覧車は
   澄んだ水色の空を
   汲み上げていく

   座席に忘れてきた
   わたしの麦わらぼうし

   夏にあげる!






少しずつ、秋が深まっていくようです。
季節は、忘れずに来てくれるのですね。

マーケットでは、柿が並び始めました。
どこにも、季節は来ているのですね。
もうすぐ、鰯雲が・・
自然は、私たちのすぐそばで、動いているのですね。

秋になると、親しい人たちに会いたくなります。
お元気ですか?





posted by YH at 10:12| Comment(0) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月09日

お菓子を

まだ お暑い日が続きます。

北海道の地震に合われた方々に、心よりお見舞い申し上げます。
なにげない日常が、瞬間に崩れ去ること、辛いですね。

神戸の震災のとき、一人暮らしの母は助かり、
その後、姉と2人で、せめて大切な物だけと、家に取りに行きましたが、
(神戸には行くのは、途中から大変でした。)
全壊に近い家、二階に上がると、揺れているような感覚でした。

我が家に、今も、少し壊れた校倉作りの陶器があります。
これは、母が大切にしていたので、置いているのです。

辛く、大変なときですが、
被災地の皆さまのこと、心よりお祈りいたしております。

Dさんから、
きれいな栗の和菓子を、送っていただきました。
Dさんは、お辛いことも、さわやかに乗り越えておられる方です。
私の方が、教えられています。

包まれた和菓子が、あまり優しいので、写真をり撮ました。
秋の中、多くの方に、やさしい日々が続きますように。



IMG_0002.JPG




posted by YH at 12:45| Comment(0) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月03日

花束

朝から、花束が届きました!

きょうは、私の誕生日なのです。
お会いしたことのない、熊本のMさんからでした。
本当に思いがけず、うれしかったです。

きょうから、この一年、きっと、良いことがあるような気がいたしました。
良いこと、それは、
平凡で、元気で、書いていけることなのですね。
そして、いろいろな方との楽しい出会いがあることかもしれませんね。

00090002.JPG


やさしい花束が、そう言ってくれているようでした。



00070002.JPG
ありがとうございました。





posted by YH at 16:39| Comment(0) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月29日

始業式

近くの小学校は、27日が始業式でした。
きょうは、
6年生まで、一斉下校の日で、
先生も子ども達を、送って来られました。
私も、
夏休み前から、久しぶりの防パトでした。

子ども達は、先生と一緒のときは、
静かにさっさと下校!真面目なんです!

私は、いつも、3年生までの下校時にいますので、
きょうは、久しぶりに、上級生に会いました。

みんな、背が伸び、どこか成長しているような・・・
でも みんな、小さいときの表情を残しているのですね。
きっと、大人になっても、そうなのかもしれません。
2学期も、元気で通学してほしいです。




夏休み   はたちよしこ


――もう 待っているかもしれないわ
――きっと まっているよ

おかあさんと
少年は 息をはずませ
人々の間を 早足に歩いていく
いや もう走りかけている

だれかと
駅で 待ち合わせしているのだろうか
おばあちゃんかもしれない
久しぶりにあうのだろうか
きっと 会いたくてしかたなかったのかも

ふたりの声は 
一秒でも早くと 走っている

わたしは
歩きながら
三人が 出会えたときの
うれしそうな声まで 聞こえてくる





posted by YH at 18:10| Comment(2) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月21日

「小さな詩集」印刷の方・・・

いま、「小さな詩集」19号の編集を終え、印刷に回しております。
発行は、10月になっております。

「小さな詩集」は
ずっと、「木元省美堂」で、印刷をお願いしております。
毎号、ミスなく、きれいに仕上げてくれます。
担当の方も、とても感じが良く、いつも、うれしく思っておりました。

ところが、担当の方が、ご主人様の転勤により、
名古屋の、同じ「木元省美堂」の方に、転勤されることになりました。

お話を伺ったときは、残念で、寂しく思いました。
けれど、また、新しいところで、がんばっていただきたいと思いました。 
今回、19号が最後になりました。

いろいろお世話になりました。
考えてみれば、10年ですね。
一度も、お会いすることもなかったのですが、
親切で、いっしょけんめいのお人柄は、お電話で伝わってまいりました。

長い間、本当にありがとうございました。
(ちょっと、寂しいです)







posted by YH at 09:14| Comment(0) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月11日

「NAOT] 8月の詩

「NAOT」の8月の詩です。

読んでいただけましたら、うれしいです。
絵が、なにかを語ってくれています。安福 望さんの絵です。

この詩は、父が亡くなったときのことです。
人は、いろいろなことを感じたり、経験しながら、
生きていくのですね。
それが、強く生きるということに繋がって
いくのかもしれませんね。

そして、
ぜひ、ホームページを、いろいろ見てださいね。
どのページも、オシャレで、すっきりとしたページに感心させられます。
旅の連載も、楽しいです。行ってみたくなります。

私も、いつか このお店に靴を買いに行きたいです。


http://naot.jp/blog/2018/36160





posted by YH at 09:42| Comment(0) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月27日

詩集と童話


武鹿悦子詩集『きりん きりん』(リーブル)絵・ 高畠 純

  きりんは みてる
  とおくを ね

  うみの むこうの とおくをね
  そらの むこうの とおくをねとおくを

  だれにも みえない
  とおくを ね

こんな詩で、はじまる絵本。武鹿氏の心やさしい発見があります。
きりんの、そばにいる感じがしてきます。

きりんは ゆらゆら 
よってくる
うえから そっと
よってくる
かおだけ ぼくに
よってくる
からだは むこうにおいといて

武鹿氏は、とても素敵な方です。
詩も、いつも新鮮で、心に残り、勉強になります。
10月に、「小さな詩集」の仲間で、
奈良でお会いするお約束、楽しみにしております。



長井るり子童話『魔女のレッスンはじめます』(出版ワークス)絵・こがしわかおり

楽しさや不思議さがいっぱいの本です。
初めは気づかないで、うれしく読み始めたのですが、読み終え、
改めて、表紙をみて、驚きました。
飯島都陽子氏の推薦が入っていたのです。飯島氏の『魔女の12ヵ月』は、
以前、このブログでも紹介しましたが、私の大好きな本です。
横浜にお店があることも知りました。

長井さんとはお友達ですので、うれしくお電話で話しました。
長井さんの作品は、これまで何冊も出ていますが、
心に残る本ばかりです。





IMG_3362.JPG

2018年07月10日

7月のNAOT

NAOt 7月の詩と絵です。
いつも その月の10日に「風の道を」が新しくなります。
下記をクリックして、みてくださいね。

とても、可愛い絵です。
安福 望さんの絵は、いつも心をはっとさせてくれます。

そして、他にも、楽しいエッセィがいろいろあります。
ぜひ、読んでくださいね。




http://naot.jp/blog/2018/34719



posted by YH at 18:54| Comment(4) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月04日

カサブランカ


カサブランカが咲いてくれました。

昨年、百合と間違えって買ったカサブランカ。
驚くほどきれいに咲いてくれました。

後は、球根を取り出しておいてと思っていましたが、
そのままでした。
でも、芽を出し、今年も、花を咲かせてくれました。

花は心を、明るくしてくれるのですね。
ありがとう!





IMG_3164.JPG


posted by YH at 09:04| Comment(0) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月25日

「こころに」



もうすぐ、
小学校一年生にも 一学期があと一か月。
がんばりましたね。
でも、まだ、お母さんが迎えに来たりです。
二年生は、ずいぶん落ち着いてきました。

防犯パトロールして、13年ほどです。
やりはじめの頃の子ども達は、もう、大学か社会人。
休みには、家に遊びに来ていた子たちも、高校生や中学生。
週二回ですが、子ども達に出会えたこと、
やってきてよかったと、ふと思ったりです。





こころに   はたちよしこ

さびしい日には
こころに 釣り糸をたらす

こころのなかには
どこからか
流れこんでくる川がある

ときどき
小さなさかなの2,3匹が
まぎれこんでいる

さかながくると
川は澄んで
きらきら ひかりはじめる

そんな日
私も さかなになって
明るい川を 遡っていく





posted by YH at 18:15| Comment(2) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月15日

紫陽花


きょうは、
紫陽花の花をたくさんいただきました。

大きいのは、花は丸く30センチあるのです。

お花をくださった友人は、以前、通っていたプールで知り合いました。
私は、先に、プールをやめていたのですが、
もう一人の方と、三人、ときどき、お会いしていました。
お二人とも、とても素敵な方です。

ところが、お一人が、引っ越されることになりました。
昨日は、ご一緒に食事。
きょうは、思いがけず、紫陽花をいっぱい持ってきてくれたのです。

こんな大きな紫陽花は、はじめてみました。
雨の中で、きれいに咲いています。
また お会いできますように。




紫陽花.jpg




posted by YH at 18:59| Comment(3) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月10日

「NA0T 」リトルストリー

「NA0T 」リトルストーリー

毎月、10日に新しく掲載になっています。

今号も、安福 希さんの可愛い絵です。
こんな絵が浮かぶことは、
新鮮で、そして、なつかしいものを、考えておられるのでしょうね。
子ウサギの足跡!かわいいですね。

そして、ていねいに作られているホームページ。
今号も、楽しいエッセィもあります。

ぜひ、下記をごらんくださいね。



http://naot.jp/blog/2018/32663


posted by YH at 15:02| Comment(2) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする