2017年10月23日

詩「どこかに」

ずっと 以前に書いた詩です。
整理していたら出てきました。



    どこかに    はたちよしこ

 うしなったものは
 なくなってしまったのではなく
 ここにないだけで
 どこかにあると
 おばあちゃんは いっていた

 わたしが
 てぶくろやマフラーを
 なくしたとき いってくれた

 そして ともだちと 
 けんかしたとき

 ともだちのことを 
 おもっていることは
 うしなっていないことと いってくれた

 たいせつなものは
 なくなってしまったのではなく
 どこかに
 ずっと ずっと あるのだと 



posted by YH at 18:09| Comment(0) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

「小さな詩集」17

「小さな詩集」17号を発行いたしました。


一行詩です。

    秋      はたちよしこ

   貨物列車が 霧をはこんでいく



広いカナダで、列車に乗ったとき、
ただ、なにもないところを走って行きました。

着いたところのプラットホームは、
列車を降りるための台のようでした。まさにプラットホームです。
そして、そこは、ただ、地平線が広がっていました。
風雨に晒されながら、週に2、3度来る列車のためにありました。
しかし、夜は満天の星が降り注ぐでしょう。
この小さなプラットホームを思うたびに
この駅のように 強く素朴な自分でありたいと思いました。





20171012_172004.jpg

posted by YH at 10:46| Comment(0) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

昨夜の夢

最近は、夢を見ることはなかったのですが、
昨日は、長い夢を見ました。
よくは覚えてはいないのですが・・・

誰かを待っているのです。亡くなった父や母もいました。、
どうやら時間があるので、私は、電車に乗ろうとしてるのです。

広い大きな街が、明るく黄色っぽく眼下に広がる駅でした。
一人、電車に乗り、深い長いトンネルを走り、
次に、私が立っていたのは、
暗い迷路のような、古い石畳みの壁の続くところでした。
私はたった一人で、迷いました。

ふいに、誰かが(たぶん年配の男の人)あっちに行くといいと
なにげなく、教えてくれて
右の壁を曲がろうとすると、また 深い石畳の壁ばかり、
慌てて左のもう一つの壁を曲がると、
今度も広い、大理石のところがあり、
でも、薄暗いなかに、知らない女の人たち2,3人が座っていました。

私は、そこに行こうとしました。
やがて、電車が来ると言うのです。
帰らなければと思っていました。、

たぶん、ここで眼が覚めたと思うのですが
不思議にはっきりと、場面が変わっていく夢でした。
あの暗い大きな大理石の石畳みは、なにだったのでしょう。

疲れていたのかもしれませんね。
変な夢の話でごめんなさい。



posted by YH at 11:49| Comment(0) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月02日

栗の渋皮煮

友人から栗を、沢山に送っていただきました。
おすそ分けもしたのですが、
多くあり、栗の渋皮煮を作ってみました。

大変と聞いていましたが、はじめに3分間ゆがいておくと
硬い皮が軟らかくなり、剥きやすく思いました。

渋皮を、少しでも剥いてしまったのは、
しかたないので、きれいに剥いて冷凍にしました。
またいつか 栗ご飯にします。

ひととき、栗に夢中になりました。
栗はいくつもの皮、そして毬に包まれています。
じぶんを大切にしていたのですね。

けれど、毬が割れれば、ぴかぴかに光らせているのをみせている。
それぞれのものの、深みを知るようですね。

ずいぶん以前ですが、「栗」の詩を作ったことがあります。
もう原稿は残っていないと思いますが、
       栗は 心という形をしている

こんなので、始まったような・・・

秋という、美しい季節、
楽しみですね。



20171002_075640.jpg
昨日作った渋皮煮

posted by YH at 10:27| Comment(2) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月23日

西沢杏子さんの絵本

『おちばのプール』(子どもの未来社)

児童文学者協会の西沢杏子さんの絵本です。絵は山口まさよし氏。
「娘たちの小さかった頃のエピソードを下地にした絵本です。」
お便りのメッセージが付いていました。

クマの、のんきーが おちばのプールを作って、
森の動物たちをよびます。「もりの おくりもの」とつぶやきながら、

  おちばの プールは
  あったかい
  ぱさぱさ わさわさ
  およげるよ
  もぐって もぐって 
  いないないな ばあー

  おちばの プールは
  あったかい
  ぱさぱさ わさわさ
  かけあって
  もこもこ もこもこ
  もぐりっこ

西沢杏子さんは、詩集、童話、新聞の連載童話などもされています。、
虫に精通しておられ、細やかなきれいなブログをされています。
見てくださいね。


20170923_182610.jpg


posted by YH at 18:57| Comment(4) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

青梅線「鳩ノ巣」へ

2日間 鳩ノ巣、御岳山へ行ってきました。
「青梅」駅から、風景はやさしい山村の風景になっていきます。

鳩ノ巣は、10年以上前、5,6年仲間で家を借りて、
時折、集まって楽しんでいました。
家賃はみんなで出し合っていました。

今回は、その時の仲間も一緒でした。
駅に近いその古い家には、いまはだれも住んでいないのですが、
懐かしく、よく行ったお店を訪ねたりしました。

近くのお店の方も、変わられていなく、なつかしかったです。
都会にいる方が、変化していくのでしょうか。

御岳山では、ときどき行った宿に泊まりました。
ススキ、コスモス、シュウカイドウ、ミズヒキが咲き乱れていました。
ススキは真新しく、キラキラ光っていました。

懐かしい時間が、その花の中にありました。
人はいろいろな時間を過ごし、また生きていくのだと思いました。

花の中の時間は、
過ぎてから、はじめて見れるのでしょうか。

「木古里」にて難破船のごと秋の昼    よしこ




posted by YH at 09:23| Comment(2) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

204回 少年詩・童謡・詩論研究会

研究会のお知らせです。
お時間のおありの方は、どうぞ お出かけください。
参加は自由になっております。
作品の合評会を後半にやっております。
どうぞ 作品を持ってお出かけください。自由です。
 

<204回 少年詩・童謡・詩論研究会>

・9月17日(日)午後1時半より、
*協会事務局にて
<詩集を読む>
名嘉実希『オレンジ色のあかり』(四季の森社)
後半は 作品合評
*主催は、協会研究部。
問い合わせは協会事務局
(рO3・3268・0691)



DSC_0164.JPG
千葉の花火

posted by YH at 14:13| Comment(2) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月09日

秋の花

先日、水引草、秋海棠の花を植えました。
友人からニラの花と一緒に、植えられるように、
根を付けていただいたのです。
水引草は、1M以上伸びています。庭でのびのび育ったのですね。

友人に、「来年、花をいただくね」といったのに、
「そんなこと、いわないで」と
駅まで、どっさり花を持って来てくれた友人。
うれしかったです。

大好きな秋の花です。
横には、コスモスも咲いています。

花は毎年、思い出を、そっと引き寄せてくれるのですね。
魔女の不思議な力かもしれません!? ふふふ



IMG_6987.JPG


IMG_6985.JPGIMG_6988.JPGIMG_6989.JPGIMG_6989.JPG

posted by YH at 11:38| Comment(2) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月03日

9月3日

きょうは、9月3日
私のお誕生日です。
元気で迎えられたことうれしく思っております。
わたしの周りの一人一人の方のおかげと、改めて感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございます。

9月3日は、漫画のドラエモンのお誕生日ですね。
私は、ドラエモンが好きなので、うれしく思っているのです。
これからも、ドラエモンのように元気で、楽しく過ごすことが出来たらと
思っています!

先日、詩を書いていたのですが、
2,3年前ですが、
確か、この時期、トンボの大群が、マンションのすぐそばを
飛び抜けていくのを見ました。
驚いて、追いかけたのですが。
スピードが速く、あっという間に飛び去って行きました。

夕暮れ時に大群のトンボが群れ飛ぶことを
「黄昏飛翔」(たそがれひしょう)というそうです。
なかなか見られないとか。
きっと、私へのプレゼントのように、見せてくれたのかもしれません。

友人、家族、多くの方に感謝を込めて。



H28.5.20 028.jpg
本箱の上のランプ

posted by YH at 09:50| Comment(4) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月26日

魔女のほうき草


以前、話しました『魔女の12ヵ月』(山と渓谷社)の
「8月のとっておきのハーブ」です。

それは「魔女のほうき草 ブルーム」です。
ハニエニシダが鬱蒼と茂るところは「魔女の住処」と伝えられているそうです。
エニシダは英名で「ブルーム」ほうきと訳します。
生命力のつよい植物で、パワフルな魔女の住処として
うってつけだったのでしょう。

ほうきを作るとき
材料になるブルームの枝を束ね、きつく柄に縛りつけます。
そのとき、口にくわえたブルームに含まれるスパルテインというものが、
体内で作用して、
朦朧と、ふわふわと空を飛んでいる気分になったとしても、不思議ではないそうです。

日常的な道具でありながら、非日常の世界を持つほうきは
古来、魔法と関係が深く、ある種の力を持っていると考えられました。

ブルターニュ地方では、戸口を守る精霊を追い出さないように
ほうきは、窓や屋根から入れたそうです。

私たちは、最近、ほうきを使うことが少なくなりましたね。
でも、ほうきでなければならないところもあります。

こんなことを思いながら、ほうきを使っていると
楽しくなります。
私は、魔法使いの弟子だったのかもしれません!!




posted by YH at 10:09| Comment(2) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

ありがとうございます。

しばらくブログ更新をしないままでした。
お訪ねいただいた方、ごめんなさい。ありがとうございます。

日々、どんどん過ぎていきました。
原稿を書いたり、いただいた詩誌、お便りにお返事、(年間350通は書きます。)
読ませていただき、くださった方へのお礼の気持ちをどうしても・・。

句誌「藍生」八月号に、「「はたちよしこの世界」ー出会いの中に」   
まど・みちお氏、吉野 弘氏とのことを、書かせていただきました。
お二人との、忘れられない出会いでした。

その折、「藍生」に出したこれまでの句です。

切株の少しふくらむ春の月

春の空きりんの首のやはらかき

角を曲がれば紋白蝶になるのかも

梅雨空を一枚めくる夏燕

へこみそうなやはらかな闇蛍狩り

蚊帳くぐり青き魚になりにゆく

尖んがった肩から夏に触れにけり

夏空へ急坂延びて消えにけり

いちにちを蝉時雨浴び蝉になる

秋は木の廊下のごとはじまりぬ

闇に穴開けてしまいし鉦叩き

部屋のドア難破船のごと秋深む

海というピアノ鳴り出す初冬かな

雪はげし闇のちぎれる中にいる

凍つる夜ぶらんこ鉄にもどりゆく

われいつか冬霧となるやもしれぬ

大根煮る風みたいなもの入れておく




posted by YH at 09:51| Comment(2) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月31日

明日から8月ですね。

とうとう1か月もブログを更新しないままでした。
見てくださった方、お許しください。

7月の始め頃は、息子がカナダから家族で帰国。
あっという間に日々が過ぎ、カナダへ。

家族だけでなく、友人も
会ったり、また しばらく、さよならしたり、
人生は、こうして、出会いをくりかえしていくのですね。

先日、スーパーで、いきなり友人に「なつかしい!」と飛びつかれました。
プールに行っていたときの友人です。
やめてからも、家に遊びに来てくれました。
また 会うことを約束して別れました。
人との出会い、ほっと明るくしてくれるのですね。
しばらくお会いしない友人に会いたいですね。

子どものころは、一年は長いものでした。
今は、時間がどんどん過ぎていきます。

もうすぐ「小さな詩集」17号の編集も近づいてまいりました。
がんばりたいと思います。


20170801_105610.jpg
植えた朝顔が一つ咲きました。空に近いところで・・・



posted by YH at 18:22| Comment(2) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

7月の少年詩・童謡・詩論研究会

お知らせです。
どうぞ ご参加ください。

<203回 少年詩・童謡・詩論研究会>

・7月16日(日)午後1時半より
*児童文学者協会事務局
*詩集を読む 田代しゅうじ『ともだちいっぱい』(四季の森社)
*後半は 藤井則行氏のお話 『詩文集 花の語るらく』
*主催は、協会研究部
問い合わせは協会事務局(рO3・3268・0691) 


IMG_5946.JPG


20170627_050650.jpg

 
posted by YH at 08:51| Comment(2) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

カサブランカ

20170625_184620.jpg

カサブランカが咲きました。
1本の茎に、3つの大きな花。
片手を思いっきり広げた大きさ。
もう一本、咲きそうな蕾が3つ。
普通の植木鉢に、こんなに大きく、きれいに咲いてくれるのですね。

花は、花を咲かせるために、一生懸命だったのですね。
薄緑の蕾の間が、長かったのですが、
じっと、大切にじぶんを育ててくれていたのですね。

私は、水をあげ、風の強い日は、家の中に入れていただけなのに。
ありがとう!



posted by YH at 20:30| Comment(4) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月15日

まつぼっくり

写真は、籠に入れているまつぼっくりです。
中で、大きいのは(10cm以上ありました)
息子が高校生の時に、(30年以上前です)アメリカに留学、
そのときに持って帰ったものです。
今は、植物はいけないですよね。当時はよかったのかしら?わかりませんが・・
ダメでしたら、叱られますね。

わが家で、何十年もの間、雨が降ると閉じ、晴れると開いていたのですが、
今は、このままです。
まつぼっくりも、ふと、懐かしくいいですね。

私は、まつぼっくりが好きで、
毎年、どこかで拾って来ました。
落ちたばかりのは、色もきれいなのですよね。
宝物(?)のように、大切にしています。
ふと、懐かしく写真を撮りました。

百合の蕾が膨らんでいます。
咲くまでには、まだ、しばらくかかりそうです。


IMG_5877.JPG
わが家の宝物?!



posted by YH at 14:00| Comment(4) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月10日

詩集とエッセイ集

先日、2冊の詩集とエッセイ集をいただきました。
以前は、すぐに出来ず申し訳なかったですが、今回は早くご紹介します。


尾崎美紀詩集『出発はいつも』(空とぶキリン社)
  出発は/明日もまた ここから/いつか/豆粒のようなあなたに/手をふる日が来ても
                                    「出発はいつも」より
  あとがきに「何人もの大切な人を失い、その度にことばが易しくなっていくのを実感した」と。
  尾崎さんは絵本作家です。久し振りの詩集です。深い気持ちの伝わってくる詩集です。
IMG_5865.JPG

永窪綾子詩集『はるかな大空のむこうからーモンゴルの旅』(ユーフオーブックス)
  「望みがひろがる/丘のむこうまで/大空を かけてみたい//モンゴルの大草原をふきわたる/風をあつめて」
                                    「風をあつめて」より
彼女は、日本でのモンゴルの行事にも参加されています。
私もいつかモンゴルに行ってみたいですね。
IMG_5864.JPG
紀の崎茜エッセイ集『うたの森』(私家版)
 宗 左近氏のところで、彼女は詩を勉強されていた。
この本では、現代詩人の詩を取り上げている。
土器を「「これを夕焼けの見えるところに置いてあげなさい」この言葉から先生の縄文人に対するやさしさを見た。」と書いている。

IMG_5863.JPG
私も、宗左近先生の「詩の教室」に通ったことがあります。
先生は、縄文土器についてくわしかった。
宗 左近先生の深さを、今も思い出すことがあります。



posted by YH at 11:11| Comment(2) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月04日

『魔女の12カ月』から

ディルというハーブの花が咲きました。
小さな小さな薄みどりの花です。
以前書いたかもしれませんが。『魔女の12ヵ月』(山と渓谷社)という本の
「5月のとっておきのハーブ」です。
羽のようにやわらかな明るい緑色の葉です

 これは、悪魔の呪文を解いたり、邪眼を除けるために使われた特別な力がある
 魔除け草といわれ、同時に魔女が呪文をかけたり、魔術を使うときにもこの草を
 利用したともいわれます。そのことから、不思議な霊力をもっている草と信じられてきました。


と本にはあります。
ディルには、心をおだやかにする効き目があるそうです。
昨日は、魚料理に載せました。
不思議な霊力を与えてくれる気がしています!?

6月のとっておきのハーブは、ローズマリーです。
「記憶のハーブ」といわれるそうです。
古代の学生たちは、この枝の香りを嗅ぎながら勉強したそうです。

20170603_075111.jpg
八重のドクダミの花

IMG_5855.JPG
ディルの花




posted by YH at 09:27| Comment(2) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月02日

今年の詩集、句集等

今年の1月からいただいた詩集や句集、
お返事は必ず、すぐに書きますが、
ブログに、ご紹介しないまま過ぎてしまい、申し訳なく
タイトルだけですが、紹介させていただきます。
今年度の発行の詩集、句集等です。

高浦銘子句集『百の蝶』(ふらんす堂)

久保恵子詩集『わたしの心は風に舞う』(銀の鈴社)

鈴木小すみれ詩集『恋は薬』(ボーダーインク)

きど のりこ評論集『ともに明日を見る窓』(本の泉)

中川なをみ高学年童話『晴れ着のゆくへ』(文化出版局)

大瀧満詩集『裸木のように』(竹林館)

尾崎美紀絵本『なのはなごうしゅっぱつしんこう』(ひさかたチャイルド)

田代しゅうじ詩集『ともだちいっぱい』(四季の森社)

名嘉実貴詩集『オレンジ色のあかり』(四季の森社)

中川肇エッセイ集『けものみち』と句集『中川肇句集V』(或るギャラリー)

中川三郎写真集『みちくさの記』(或るギャラリ―)

海沼松世評論集『少年詩の魅力』(てらいんく)

川上吾郎句集『多摩野』(文學の森)

平島孝祐共著『いっしょに2016』(高松ボランテア協会)

白根厚子共著『少年少女に希望を届ける詩集』(コールサック社)

藤井則之詩文集『花の語るらく』(能登印刷出版部)


共著はいただいた方のお名前です。
機会がありましたら、ぜひ、ご覧になってください。


20170601_071103.jpg



posted by YH at 19:23| Comment(2) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

日本児童文学者協会の総会

ベランダの百合の花が蕾を持っています。
カサブランカです。
今は、1メートル伸びて、ついに蕾をです。
昔、山に登っていた頃、大きな山百合を見ました。
山百合は、大きいけれど、清楚な花ですね。
今週は、日本児童文学者協会の贈呈式、総会などがあります。

日本児童文学者協会の賞
第57回日本児童文学者協会賞   ひこ・田中『なりたて中学生 初級編・中級編・上級編』(講談社)
第50回日本児童文学者協会新人賞 藤重 ヒカル『日小見不思議草紙』(偕成社)
第21回三越左千夫少年詩賞    佐野のり子『ミミズのバイオリン』(花梨社)
                 柿本香苗『ペンを持つと ボクね』(竹林館)

5月26日、学習交流会(どなたでも参加)
      文学賞贈呈式、パーティー。
  27日 定時総会。

三越左千夫賞の選考委員をしていましたが、
それぞれ、いい詩集があり、うれしく思いました。


posted by YH at 19:35| Comment(4) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月10日

五月の少年詩・童謡・詩論研究会

日本児童文学者協会で
2ヵ月に一度、新しい詩集を読み、詩の合評会をやっております。
5月は、中上哲夫氏のお話です。

<202回 少年詩・童謡・詩論研究会>

・5月21日(日)午後1時半より、
*協会事務局にて
<詩集を読む>
「西脇順三郎について」
レポーター 中上哲夫
後半は詩の合評会。自由に詩を。
*主催は、協会研究部。問い合わせは
協会事務局(рO3・3268・0691) 

  
以下は、Wikipediaからです。
中上 哲夫(なかがみ てつお、1939年3月6日 - )は、日本の詩人、翻訳家。本名、佐野哲夫[1]。
大阪府大阪市出身[1]。東京経済大学商学部卒業。アレン・ギンズバーグをはじめビート・ジェネレーションの詩人たちの影響を受ける。同人誌「ぶるう」「ぎゃあ」「木偶」を経て、個人誌「黄金の機関車」を発行。2004年、詩集『エルヴィスが死んだ日の夜』にて第34回高見順賞受賞[2]、第13回丸山豊記念現代詩賞受賞[3]。2013年、詩集『ジャズ・エイジ』にて第28回詩歌文学館賞受賞[4]。




20170508_073608.jpg
          
posted by YH at 09:36| Comment(4) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする