2018年02月27日

詩誌「ヘロとトパ」

詩誌「ヘロとトパ」第2号を
お送りいただきました。
水木ユヤさんと山本純子さんお二人の詩誌です。
詩、エッセィです。
エッセイは、山本さんの「中江俊夫さんとまど・みちおさん」です。
中江俊夫さんの私の好きな作品「物音」も。
明日は、まど先生のご命日ですね。

山本純子さんは、詩集『あまのがわ』(花神社)で、H賞を受賞され、
少年詩集『ふふふ』(銀の鈴社)俳句とエッセー『山ガール』(創風社出版)など・・

お会いしたことはないのですが、詩集やお手紙をいただき、
いつかお会いできますようにと、願っております。
今回、詩誌は素敵な作品ばかりでした。
その中から、1編、山本さんのお作を上げさせていただきます。



  いいことがあったとき    山本純子

いいことがあったとき
帽子をつかんで
空へ 思いっきり
ほうりあげる人がいる

喜びが
空のあのへんまで
わき上がっているんだ
と はっきり
目に見えるように

もちろん 帽子は
すぐに落ちてくるから
その人は
帽子をかぶりなおして
また 何もなかったように
歩いていく

つばをつかむと
帽子を
空へ 思いっきり
ほうりあげやすい

だから
帽子屋さんは
ときどき
帽子を
空へ 思いっきり
ほうりあげては
つばの具合をみている

注文した帽子を
受けとりに行くと
 帽子が
 空に浮かんでしまう
 こともあります
と書いた
領収書をくれる





posted by YH at 08:56| Comment(2) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月21日

詩集『やわらかな地球』

詩論研究会の仲間でもある、
友人の小沢千恵さんが、詩集2冊を出版されました。
児童文学を通し、30年を超えるお付き合いです。

詩集『やわらかな地球』絵 小沢千恵と、
ことばあそび『あのこ』絵 下田昌克 共に(銀の鈴社)

『やわらなか地球』の表紙、中の水墨画は、小沢千恵さんご自身の絵です。
彼女は、ずっと墨絵を習っておられ、賞なども受けておられます。
美しい風景が描かれています。
中国で生まれ、戦後引き揚げてきた、苦しみ、そして、希望がかがやいています。
最後のページに
「今は亡き愛しい人々に、水墨画の「慕情」の絵を捧げます。」とあります。
彼女は、息子さんを交通事故で亡くされました。
けれど、いつも一生懸命の前向きの方です。

そして、『あのこ』の方は、楽しいことば遊びです。

   やわらなか地球  小沢千恵

わたしは 此処でで生まれ
今 場所にいる
青い地球の 青い水の中に
水はキラキラと輝いて
わたしの中を通りすぎていく

この美しい地球の中で
空と雲 海にも
私の愛する人々がいて

耳を澄ますと
いつもサラサラと聞こえてくる」
たくさんの命のリズムと
未知への冒険を誘う
秘密の扉が
ゆっくりと開く音が聞こえる


  (「場所」は「ここ」と仮名付けがあります)


IMG_1142.JPG


posted by YH at 11:05| Comment(2) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月18日

藤本美智子さんの詩集

藤本美智子さんの新詩集『ひだまり』(たんぽぽ出版)
他に『雨の日はさかなに』(編集ノア)『緑のふんすい』『心のふんすい』(銀の鈴社)があります。
高松市在住。お会いしたことはないのですが、
詩集を送っていただきました。

詩集から優しさが伝わってまいりました。
いつもそばでみていた野良犬が、保健所に連れて行かれたのを引き取り、
そのフウという犬のこと、なにげない日常のこと、
そこに幸せがあることを思わせてくれます。
 

 ゆったりー   藤本美智子

たとえ数か月でも
ひとりで生きてきた えらい犬だ
夫が言っていた

その犬は 横になり
ゆったりー
四本の足をのばし 静かにねている
安心しきって

ゆったりーが ずっと続きますように



IMG_1128.JPG


posted by YH at 12:21| Comment(2) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月16日

『猫年 2月30日』

西沢杏子さんが
『猫年 2月30日』(てらいんく)を出版されました。
「ねこ新聞」に掲載されていた物語です。

西沢杏子さんは詩で、第15回丸山豊記念現代詩賞、 第19回三越左千夫少年詩賞、
幼年童話では、毎日新聞小さな童話大賞「山下明生賞」を受賞されています。

今回の作品は、猫が主人公。
猫も人間と同じ思いで生きているのだろう。いや、それ以上深いかもしれないと思わせてくれる。
人の身近にいる猫、深いつながりを思います。
2月30日・・・・どこかにきっとある、この日を大切に思いたい。

表紙絵は、
西沢杏子さんのお嬢さん、糸信さんが少女時代に描かれた絵、
「愛猫・ルリ」です。

ぜひ、読んでください。
幸せということ、人生ということを、再び、考えたくなります。
彼女のホームページもぜひ。



IMG_1129.JPG


posted by YH at 11:57| Comment(2) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月13日

やきもの図鑑

紀伊國屋書店が近いので、
一週間に3,4回は訪れます。
中は、広く、いろいろな本に出会えるのです。

数日前、『日本全国やきもの図鑑』(淡交社)を買いました。
茶道誌の別冊のようです。
1ページごとに、焼き物茶碗が・・・
最初のぺージには、「堤焼」 次は 「上ノ畑焼き」
茶碗についての説明が、下段にあり、次々と、とても楽しめます。
火の中で焼かれた茶碗、模様、色、形、それぞれに深い思いが・・・

昔、旅先で、茶碗を焼いたことがあります。
先生が手伝ってくださって、織部焼のように出来上がり、
母にみせると、喜んで使ってくれていました。
震災で壊れたかもしれません。

昔、私も茶道、華道はやったことがあります。が、私は、ほんの入り口。
けれど、母は、茶道も華道も教えていました。
母は、母の両親の別居など、いろいろありましたが、
なにをするにも、いっしょうけんめいの母でした。

きょうは、明るいお天気です。
春が近いのでしょうか。
もう、暖かい春を待っています。




posted by YH at 10:42| Comment(2) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月09日

新詩集3冊

今年、お送りいただいた詩集を3冊をご紹介いたします。
心に残りました1編を上げさせていただきます。
どのお詩集も心に残りました。ぜひ お読みいただければと思います。

半田信和『たとえば一人のランナーが』(竹林館)

   ネギ    半田信和

庭のすみっこ
何かのついでに植えられて
そのまま
ほったらかし

なのにいじけず
うすみどりの風に耳にをすまし

やがて
小さな声をともす

ネギ
というあり方


畑島喜久生『鳥類図鑑』(らくだ出版)絵・水上悦子

  木のてっぺんに止まったわし   畑島喜久生

わしゃ
世俗は嫌いじゃよ
人間どもをみていると嫌になる
じゃによって
地上には下りないようにしている

木に止まっても
てっぺんのてっぺんにしか・・・・・な




佐藤一志『自然の不思議』(銀の鈴社) 絵・日向山寿十郎土

  春の土   佐藤一志

春の土に生えてきた
草花の葉っぱに
指でさわったら
手がやさしくなる

春の土を
はだしで踏んだら
足のうらが
ほっこらだ

春が
ゆきわたった
ほっこら土で
草花は元気に育っている




posted by YH at 18:47| Comment(2) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月05日

風に

防パトのとき。
子どもたちが帰って来る道
信号のない横断歩道で、待っています。
駅に近いのですが、子どもたちの帰って来る道は、
長い一本道で、あまり人は通りません。
道のそばに クローバーが咲いています。


  風に   はたちよしこ

クローバーの葉の中を
歩いていた

あっ 四つ葉!
思わず 手を伸ばした
でも 三つ葉だった
横の葉の一枚が重なり
四つ葉にみえただけだった

いつものことと
行き過ぎようとして
ふと 思った

葉は 
おたがい 寄り添い
ときに 四つ葉になったり
五つ葉にもなったり

離れたり 倒れたり
風に ほどけては

ふたたび
寄り添いながら
強く生きているのだと



posted by YH at 09:26| Comment(5) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月02日

雪の日

 きょうは朝から、牡丹雪が降っています。
屋根は、真っ白です。
風に舞いながら降る雪。
どこまでも歩いていくと、どこかに亡くなった父や母に会えるような!
子どものようですね。
でも、ふと、思ってしまいます。優しい父母でした。

そんな中、
いま 面白いと思いながら読んでいる本があります。
夢枕 獏『大江戸恐龍伝』1(小学館)平賀源内のこと。
池波正太郎『忍びの風』(文春文庫)  
浅田次郎『神坐す山の物語』(双葉文庫)これは、奥多摩、御嶽山での物語。
     これは出版されたばかり。昔、奥多摩の方に家を借りてなつかしい。

この3冊を、夜、車中など分けて読んでいます。
みんな面白いです。

今から、もう、春を待っています。
近くに、土筆がいっぱい出るところがあります。
今年は早く行きます!!
すき焼きか、卵焼きに!




H28.3.24 152.jpg
留学からの帰国を待っている娘のところの(2年まえの写真です。)
posted by YH at 09:25| Comment(2) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月27日

小さな別れ


小さな別れ    はたちよしこ

駅のエレベーターの中
お母さんとベビーカーの一歳くらいの子
その子が泣いている
ーーどうしたの
おもわず声をかけた
ーーいま おばあちゃんと別れてきたばかりなのです
そういうお母さんも 少し涙ぐんでいる

かって わたしも
子どもを連れ
見送ってくれる両親に
じゃあ またねといいながら
涙があふれてきたことがあった

楽しかった時間が終わる
人は みんな
小さな別れを くりかえしながら
生きていくのかもしれない

エレベターを出て
おかあさんは
ぐんぐん ベビーカーを押していく

プラットホームに
優しい風が 吹いていた





  

IMG_0630.JPG
私が子どもの時に使っていたミルク入れ

posted by YH at 20:30| Comment(4) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月24日

一昨日、ここ大宮は、大雪でした。

住んでいるマンションの前に、昔風の広いお屋敷があり、
そこの土地を借りて、畑にしておられる方がおられますが、
写真のように、そこも真っ白です。大きな竹林も真っ白です。

これは、以前も書きましたが、
昨年、家から100Mのところに、大宮警察署、科捜研、造幣局ができ、(写真にみえているのが大宮警察署)
バス停の名も、いつのまにか「大宮警察署」になりました。

ただ、マンション前のここだけは昔のままの風景です。
以前、子どもの頃、私は神戸に住んでいました。
もう 昔ですが、亡くなった姉と、そのあたりを歩いたことがあります。
そこだけは、変わっていなく、驚いたことがありました。

ここに住んで、二十数年、
道幅が変化、車道が広くなり、
多くの桃の木、桜の樹が切られました。
桜が咲いている時期に切り、可哀想で大きな枝をもらって
水に挿していたことがあります。

雪が降ると、消えていった樹や道が、浮かんできます。




IMG_0711.JPG


posted by YH at 10:13| Comment(2) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

「パールズ」

昨日は、畑島喜久生氏の出版記念でした。
畑島氏は3月で88歳、100冊の、詩集、詩の関係、教育誌を出版されておられます。
昨日は、詩論研のあとお祝いの会でした。

100冊目の詩集は『戦後 “逸れ鳥” 哀歌』(らくだ出版)です。
この中に、「パールズ」という デヴィッド・サンボーンの曲について、
触れておられます。
詩集は、昨日、友人にお貸しして、いま、手元にありませんが、
この曲を聴いたことが書かれていました。

私は、ネットで、この曲を聴きました。
ほんとに美しい曲で、感動しました。
もし お時間があれば、ぜひ、聴いてみてください。

きょうは、雪になるそうです。
車など事故のないことを祈っております。







posted by YH at 09:34| Comment(0) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

毎日のもの

陶器が好きです。
たまにですが、買うと、使います。
いま、使っているのは、知っている陶芸家のものです。
そして、お茶碗にしているのは、旅先で、なにげなく展覧会を見たときに買った物。
毎日使っていても割れないのでうれしいです。


IMG_0627.JPGいつも使っているお皿

IMG_0628.JPGいつもご飯を

IMG_0629.JPG友人の作ったポット。毎日コーヒーを。



posted by YH at 13:41| Comment(2) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

子どもたち

今日は、防犯パトロールでした。
三学期が始まってから、
子どもたちが、午前中の帰りだったり、
昨日は、私が句会で出ることが出来ませんでした。

久しぶりに会う子どもたち、
なんだか背も高くなっているような気がしました。

先日、テレビのニュースで、
給食だけが、主食という子どもたちがいること、
しかし、この子たちを助ける食堂が出来ていること、
うれしく思いました。
子どもたちに、ご努力してくださっている方に心より感謝したいです。

葉を落とした樹は、
小さな冬芽を、空に向け、
春を、じっと待っていますね。



IMG_0609.JPG
今年は良くできたと送っていただいた大根を煮ました。





posted by YH at 20:40| Comment(2) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月14日

カレンダー

昨日、用があり、新宿に行きました。
待ち合わせまで、時間があったので、
東京芸術劇場の売店をぶらりとしました。絵はがきなど素敵なのです。

そこには、2018年のカレンダーが、まだ売られていました。・
もうシーズンをはずしてしまったように、ぶらさがっていました。
何気なくみていると、
その中に、思わず心引かれた一つがありました。
それが、この写真のカレンダーです。

写真にある、真ん中の一本の木の幹(これは本当の木で、出来ています)
この木だけが12月まで、そのままで、変わる月日を、ぬけていきます。
そして、捲ると、
木の葉っぱと、周りの風景が2ヵ月ごとに変わっていきます。
思わず引込まれ、買ってしまいました。
以前いただいことのある「森といきもの」は、
もっとたのしかったのですが、少し似ています。

パソコンのそばにおいてあります。
カレンダーは、少し遅れて私のところにきましたが、
こんな絵のような、心楽しい一年でありますようにと、願いながら・・・・




20180114_085452.jpg


posted by YH at 10:03| Comment(2) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月11日

俳句

私は「藍生」の俳句の会に入っております。
今年1月号で、巻頭をいただき、驚き、感謝の思いでいっぱいです。
黒田杏子先生の句へのお文が、強く心に残りました。上げさせていただきます。


 藍生1月 選評と鑑賞  黒田杏子

祖母は秋風なんかとも暮らしてた
        (埼玉県)はたちよしこ


祖母と孫娘。その関係は母と娘との関係とは全く別のものだと思う。私は高校時代、母の母の家に寄宿していた時期があり、六十代の祖母とよく話しこんでいた。はたちさんのこの句に出合って、その祖母射越クニの人柄などいろいろと憶い出し、涙ぐむほどの懐かしさを覚えた。視野の広い人で、未来志向の女性。私にクヨクヨすることなどこの世に無いという人生観を授けてくれた女性。ゆくりなくも詩人として知られる句友、はたちさんの句にハッとして深く共感。まことに嬉しくなった。



   秋の昼空がだんだんやはらかく

   秋空へはみ出していく急な坂

   時といふ風の葬りし秋の空    よしこ




posted by YH at 10:18| Comment(4) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月09日

「福寿草」


    福寿草      はたちよしこ

――ふくじゅ草に
  いくつもの 花が咲くと
  その年は いいことがあるのよ

そう おしえてくれた
母は
もう いない

力強い茎に
やわらかな花びら

――じぶんに 自信をもって
  生きなさい
そう いってくれた母

新しい年がきて
今年も
ふくじゅ草に
いくつもの 花が咲いている
              


お花屋さんに、咲いている福寿草を見ました。
ふと、母のことを思い出しました。



posted by YH at 18:32| Comment(2) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月08日

古いエッセイ

先日、
昔に書いたエッセイを取り出し、読んでいました。
どちらも古いものです。

喫茶店で見かけた知らない若い女性のことです
その喫茶店は、がんセンターの前にあり、花屋さんでもあり、
美しい喫茶店でした。

その女性は、入って来て、テーブルに座ると、コーヒーを注文。
それから、手帳を取り出し、みていたが、静かに泣き始めた。
その女性の顔の半分には、白いガーゼが。
たぶん、その女性は、顔面のがんだったのではと思えた。

ふと、今でも、良くなられただろうかと、思い出すことがあります。

それから、もうひとつ、父との思い出です。
松の取れる日、父は玄関の注連縄をはずし、家の前で燃やした。
その灰を、家の周りを囲むように、少しずつ、点々とおいていく。
神の宿るものは、燃やすことにより、天に帰る。そして、灰になっても
まだ、神の力が残っている。そうして、家を守ってくれる。
父は、そう思っていたのだろうか。

散歩で、神社にお参りし、
手を合わせるしか宗教を持たなかった父との思い出。
エッセイは、遠い日のことを思い出させてくれるのですね。





posted by YH at 09:50| Comment(2) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月07日

ブログを再び 

ブログを閉じることについて、
これまでのお礼の気持ちでいっぱいでしたが、
その日より、多くの方の訪問や
年賀状でのメッセージをいただきました。


ささやかなブログでしたのに、多くの方のお気持ちを
本当にうれしく思いました。

ずっと、迷っておりましたが、
これからも、出来る限り続けていきたいと
思わせていただきました。

ささやかなブログですが、
これからも どうぞ よろしくお願いいたします。

  われといふ器に掬ふ寒の水

  時といふ重き扉に冬の蝶      よしこ


posted by YH at 13:44| Comment(2) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月21日

ありがとうございました。

「レモンの車輪からの旅」を始めて、
来年の2月で10年になります。
10年という長い間、訪ねてくださり、またコメントをいただき、
本当に、ありがとうございました。
本日で、「レモンの車輪からの旅」のブログを閉じさせていただきたいと思います。

このブログを始めましたのは、
詩集『いますぐがいい』を出版したときです。
詩集を多くの方に読んでいただくため、出版関係の方から進められたのです。
わからないながら始めましたが、
多くの方に読んでいただき、
楽しい幸せな時間でした。
そして、皆様から大切な時間と、思いをいただきました。
ブログでお知り合いになった方との、出会いがありましたこと
本当に幸せに思います。

ブログを見てくださった多くの方々、
長い間、ほんとうにありがとうございました。
どうぞ お元気で、良いお年をお迎えください。





ある画家    はたちよしこ

山の写生をおえると
その画家は
山に
ていねいに おじぎをした

湖の むこうの山に
きちんと
ぼうしを とって

わたしは 生まれてから
人びとのあいだにいて

気づかないまま
なんまんかいの ありがとうを
いわずに きてしまったのだろう





posted by YH at 18:29| Comment(6) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月12日

年末

今年も残り少なくなってまいりましたね。
一年が早いです。

子どもの頃は、来年が楽しみでした。
今は、不思議な気がします。
でも、どこからか新しい年が来てくれるのですね。
こうして、生きていくことを思ってしまいます。

寒くなり、以前買った薪ストーブ風のストーブをつけます。
実際の火のようです。火を見ていると、優しい気持ちになります。
昔の人は、燃える火を見つめていたのですね。

燃える火をみていると、無になっていくのかもしれません。
仮の薪ストーブにも、楽しんでいます。

!cid_D1D6D0898A0F44BB84DCA75173C0DC76@hatachiPC.jpg


posted by YH at 09:56| Comment(2) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする