2019年08月18日

60年前の・・・

60年前の、ふでばこを、まだ使っています。
新しい鉛筆を入れたり、
机の引き出しを開けるとすぐにあります。

色は剥げ、少し壊れ、裏に書いた文字も消えかかっています。
なんだかあまりきれいでないですが、
なつかしい、中学時代に使っていたふでばこです。

このふでばこを持って、学校に通っていたのですね。
楽しい時代でした。
勉強もしました。

裏に書いているのは、芭蕉の句ですね。
色などを塗る、三角のビニールに入ったもので書きました。
きっと、この句に、感動したのでしょうね。
半分は消えていますね。

幾度もの引っ越しに耐え、いまも机の引き出しに。
また 洗ってきれいにしたい。


ふでばこ.docx
posted by YH at 15:05| Comment(2) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月14日

円山なのめ『雨が刺さりそうだ』

円山なのめ 詩歌 句集『雨が刺さりそうだ』(揺藍社)
      http://nanomenome.com/?eid=323 円山なのめさんのブログです。

 意外性のことばは、心に強いインパクトを与えてくれます。
 くりかえし読むたびに新鮮なものが広がっていきます。
 2001年 西沢雅野で小説『イボ記』(小学館)を出版。
 今回は、俳句、短歌 詩 すべて入れられた一冊です。 
 読むほどに、心に落ちていきます。 すべて、ご自身で英訳されています。


  向日葵と顔すげ替えて盆踊り

  返り文開けば開く芙蓉かな

  枯野見て帰り今でもそこにおり

  孤独より白くあること残り鷺

  二本足まだくちなわの森を出ず


  上り坂ペダル踏み込む向かい風脱皮するにはいいタイミング

  南天の白きちいさき花散れば泥土にも未知の星図広がる

  欠けたるを嘆くあなたの空のうえ円と円とでできた三日月


そして、詩にも意外な展開があります。

      (略)

  あなたが差してゆこうとする傘は透き通って
  雨が刺さりそうだ
  
        (詩「雨が刺さりそうだ」のラスト2行。)
         他にも心に残る詩がありました。



本名は小林雅野さん。
旧姓は西沢雅野さんで、お母様は西沢杏子さん「虫の落とし文」でブログをされています。
素敵な方です。雅野さんには、お会いしたことはないのですが、雅野さんもきっと素敵な方と思いました。




  

posted by YH at 11:16| Comment(2) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月13日

句集

この夏に、お送りいただいた句集をご紹介します。
お二人とも句誌「藍生」の会の方です。
お二人には、お会いしたことはないのですが、
句集でお会いできたような思いです。

河辺克美『ポケットに凍蝶』(角川書店)

 押入れの冬の夜空へ抜ける道
 
 花冷えのだいどこ淡き濃き火種

 ほたるいろの夜をしまいこむ冷蔵庫

 チョコレートいろの階段夏隣

 薫風をさわったりかきまはしたり


京都生まれ。2冊目の句集。詩にあるような意外性にハッとさせられました。
いろいろな賞を受けられています。



真部満智子『天辺の鳥』(角川書店)

 梅匂う母の箪笥を開くとき

 古井戸に九月の風を聴くことも

 銀杏散る天狗の黒き鼻の上

 花枇杷の径をいつもの郵便夫

 大年の犬が覗ける水たまり


高松生まれ。詩、短歌、そして、今回の句集のカットは美しい日本画を画かれています。
いろいろな賞を受けられています。

 
 
posted by YH at 19:18| Comment(0) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする