2018年11月30日

明日から12月ですね。

日本児童文学者協会の
「少年詩・童謡・詩論研究会」の集まりで
11月25,26日は
東京の鳩ノ巣の山荘で合宿をしてきました。

来年に「音読集」発行するためです。
毎回、参加者は詩論研出席者で20人余りいるのですが、
11人が集まり合評会をしたり、近くを散歩したり、
楽しい1泊2日でした。
来年は、みんなでがんばって発行したいです。

以前、ブログに写真を載せましたが、
音読集は、今回で5冊目です。
いいものが発行出来るのを楽しみにしています。

来月は、12月。
今年も、その早さを感じてしまいます。
子どもの頃は、お正月やクリスマスは
なかなか来なくて、指おり待ちました。

暮れだったと思いますが、
父が、取引関係で、いただいたのか、
買ったのかわかりませんが、カーデガンなどを、
何枚か、持って帰ってくれたことが・・

それをいろいろ着てみたりして、楽しんだことがあります。
父は、喜ぶ家族をうれしそうに見ていました。
その中で、一枚のカーデガンだけ記憶にあります。

飼っていた犬と 写真を撮っていたのです。
雪がキラキラする季節でした。





posted by YH at 14:52| Comment(0) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月17日

NAOT11月


NAOT11月です。

靴の中でなにがあるのでしょう。
いつも思いがけない絵が、楽しませてくれます。
ごらんくださいね。

風の中の、子どもと母親。
いつまでも 幸せにと思います。



https://naot.jp/blog/2018/40382

posted by YH at 18:31| Comment(0) | 詩(子どもの風景) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月16日

絵本2


IMG_0730.JPG

岡野かおる子 文 遠藤てるよ 絵「ミドリがひろったふしぎなかさ」(童心社)
1977年初版の絵本です。私が買ったのは出版されてすぐだったと思います。
美しい表紙絵は、
絵本を手にした者の心を引っぱっていきます。



IMG_0734.JPG


マリー・ホール・エッソ 文・絵『わたしと あそんで』(福音館書店)
1968年発行ですが、私が手にしたのは1974年。
詩人の与田凖一訳です。
私は、もう何十年も前ですが、与田凖一氏にお会いしたことがあります。
素敵な詩や童謡があります。


ラストのページ。

「ああ わたしは いま、とても うれしいの
 とびきり うれしいの」

「なぜって、みんなが わたしと あそんでくれるのですもの」(原文より)







 
posted by YH at 16:10| Comment(0) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする