2016年10月27日

変わらないもの

柿の実が赤くなって来ました。
自然は、ゆっくり進んでいるのですね。

昨日、畑をしている方に、大根の葉をいただきました。
間引きしたやわらかな葉です。
お味噌汁や塩もみにしていただきました。
新鮮さが広がりました。

いま、野菜が高騰しています。
ところが、何年か前、キャベツが出来過ぎ、潰したりしたことがありました。

この夏、
旅行先で、一面のキャベツ畑を見ました。
ひとつ、ひとつが全体を作って、自然の美しさを感じました。

わが家の前にも、畑があり、そこからすぐ道路へと続いています。
道路には、大きな造幣局が出来、いま、科捜研の工事中です。
(アンバランスの所に住んでいます)。

回りはぐんぐん変化していきます。
でも、変わらずいるものも、探していきたいです。
柿の赤とか、畑を耕す人・・・・



posted by YH at 10:22| Comment(4) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月19日

「猿楽座」句会に

昨日は、新橋での「猿楽座」句会でした。
毎月、第3火曜日の夜にあります。
新橋の、酒場「おおあみ」というお店でやらせていただいています。
お料理がとても美味しいのです。
(こんな味付けをしたいと思い、ときどき、家で作ってみることがあります)

兼題は「新米」「秋晴れ」。5句です。

秋晴れやはてなきものに呼ばれけり

萩の花風を集めてこぼれけり

秋晴れの無辺の空の藍の色

新米やかっぽう着の母美しき

一枚の葉の奥行きに深き秋   よしこ


電車の行き帰りに、本を読むを楽しみにしております。
昨日、出さなかった1句。

   秋深み夜空しまうごと本を閉じ  よしこ



H28.6.14 249.jpg
鯛釣り草

posted by YH at 09:57| Comment(2) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月13日

風の掲示板


いちかわゆう 詩集『ぱちぱちしぜん』(私家版)

いちかわさんは、詩論研の仲間です。地域の活動をされているので、
来られない時がありますが、しっかりご自分の意見を持っておられる方です。

今回、この詩集を出されるまで、多くの詩を書いて来られました。
私は、50編ずつを、何冊も見せていただきましたが、
いつも、新鮮な感性、自然を見つめる目に、感心させられていました。
これまでに、1000編は、作られていると思います。

その中から、選ばれた作品の詩集です。
どの詩も、どこか、ひたむきで、どこか、たのしく、
どこか のびのびと、いちかわさんのようで、
とても素敵な詩集になっています。表紙、さし絵も画かれています。


 あおだいしょう      いちかわゆう

へびがおよぐ
おともなく
いけをスウゥと
わたっていく
のこされたしんくうに
つかいふるしの
 わたし



秋の水   いちかわゆう

ながれとどめぬ川に
もみじをながし
水のうえになんらかの
しるしをのこそうとしても
もみじのかさなりは
じきにほどけ
はっぱのかたちさえ
     なくしていく
それでもわたしは
もみじをひろい
いちまいずつ川にながして
ふちにひそむ竜に
てがみをだしつづける



!cid_5134A1040AE34E1D93701F56A86B100A@hatachiPC.jpg
詩集『ぱちぱちしぜん』


posted by YH at 19:17| Comment(2) | 日記(途中下車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする